コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

憑祥(読み)ひょうしょう(英語表記)Píng xiáng

世界大百科事典 第2版の解説

ひょうしょう【憑祥 Píng xiáng】

中国南部,広西チワン(壮)族自治区南西部のベトナムとの国境にある都市で,湘桂鉄道(衡陽友誼関)の終点友誼関の手前にあたる。人口9万(1994)。宋代には憑峒と呼ばれ,明代は憑祥州治であった。清代に憑祥庁が置かれ,1912年県に改められた。51年寧明県に編入されたが,56年に憑祥鎮を分離して市が置かれた。中国・ベトナム間の交通の要地で,51年湘桂鉄道が開通してベトナムとの往来が盛んになるにつれて発達した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

憑祥
ひょうしょう / ピンシヤン

中国南部、広西(こうせい)チワン族自治区南西端にある県級市。崇左(すうさ)地級市に属する。人口11万1770(2014)。ベトナムとの国境に位置し、宋(そう)代から交通、軍事の要地として開けた。1956年市制施行。1951年に湘桂(しょうけい)線(衡陽(こうよう)―憑祥)が通じ1955年にハノイまで延長されてから、両国を結ぶ交通基地として発展した。1992年には、中央政府から対外開放都市に指定されている。食品、農機具、電機などの工業が立地する。大理石を豊富に埋蔵し、八角(はっかく)(ダイウイキョウの実からとる香辛料)を特産とする。市の南西23キロメートルにある峠が古くから両国の国境となっている友誼関(ゆうぎかん)である。[青木千枝子・河野通博・編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android