憲法の変遷(読み)けんぽうのへんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

憲法の変遷
けんぽうのへんせん

ドイツの国法学者 G.イェリネックによって提唱された憲法の変動の一態様。彼は,憲法の変遷を「憲法正文を形式上不変のままにしておいて,かつかかる変更の意図または意識を伴わぬ諸事実によってもたらされるところの憲法の変更」ととらえ,「意図的意思行為によって惹起される憲法正文の変更」たる憲法の改正から区別した。しかし,かかる観念が憲法学上成立しうるか否かについては,現在賛否両論が存し,論争の的となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

けんぽうのへんせん【憲法の変遷】

憲法改正の手続を経ることなく、慣行・判例・政府解釈などにより、憲法の本来の意味内容が改正されたと同じくらい実質的に変化させられ、それが正しい解釈であると一般に認められるようになること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

憲法の変遷
けんぽうのへんせん

憲法の条項はそのままにして、解釈によって憲法条項の意味・内容を変えることをいう。憲法改正と同じ結果が得られる。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ボヘミアン・ラプソディ(映画)

イギリス・米国の伝記映画。イギリスの人気ロックバンド・クイーンと、そのボーカルで1991年に45歳で死去したフレディ・マーキュリーの半生を描く。タイトルは同バンドが75年に発表したフレディ作の楽曲と同...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

憲法の変遷の関連情報