憲法の変遷(読み)けんぽうのへんせん

  • けんぽうのへんせん〔ケンパフ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドイツの国法学者 G.イェリネックによって提唱された憲法変動の一態様。彼は,憲法の変遷を「憲法正文を形式上不変のままにしておいて,かつかかる変更の意図または意識を伴わぬ諸事実によってもたらされるところの憲法の変更」ととらえ,「意図意思行為によって惹起される憲法正文の変更」たる憲法の改正から区別した。しかし,かかる観念が憲法学上成立しうるかかについては,現在賛否両論が存し,論争の的となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

憲法の条項はそのままにして、解釈によって憲法条項の意味・内容を変えることをいう。憲法改正と同じ結果が得られる。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android