コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

憲法撮要 けんぽうさつよう

世界大百科事典 第2版の解説

けんぽうさつよう【憲法撮要】

美濃部達吉の著書。1923年刊。穂積八束《憲法提要》(1910),佐々木惣一《日本憲法要論》(1930)と並ぶ,旧憲法下の代表的な憲法教科書で,天皇機関説,憲法の自由主義的解釈,目的論的方法などを特色とする。1935年帝国議会などでその天皇機関説が攻撃を受け,4月,同著者の《逐条憲法精義》《日本憲法の基本主義》とともに発売禁止処分を受けた。【長尾 竜一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

憲法撮要の関連キーワード大日本帝国憲法(だいにほんていこくけんぽう)美濃部 達吉江草 重忠江草重忠国体明徴

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android