コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

憲法撮要 けんぽうさつよう

1件 の用語解説(憲法撮要の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

けんぽうさつよう【憲法撮要】

美濃部達吉の著書。1923年刊。穂積八束《憲法提要》(1910),佐々木惣一《日本憲法要論》(1930)と並ぶ,旧憲法下の代表的な憲法教科書で,天皇機関説,憲法の自由主義的解釈,目的論的方法などを特色とする。1935年帝国議会などでその天皇機関説が攻撃を受け,4月,同著者の《逐条憲法精義》《日本憲法の基本主義》とともに発売禁止処分を受けた。【長尾 竜一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

憲法撮要の関連キーワード上杉慎吉天皇機関説穂積八束美濃部達吉宮沢俊義国体明徴問題美濃部市村光恵清宮四郎美濃部洋次