コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穂積八束 ほづみやつか

8件 の用語解説(穂積八束の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

穂積八束
ほづみやつか

[生]安政7(1860).2.25. 宇和島
[没]1912.10.5. 神奈川,鎌倉
憲法学者。穂積陳重の弟。 1883年東京大学を卒業,井上毅の推薦で翌 1884年よりドイツに留学し,パウル・ラーバントに国法学を学んだ。 1888年帰国しただちに東大教授に任じられた。その後,貴族院議員宮中顧問官を歴任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほづみ‐やつか【穂積八束】

[1860~1912]法学者。愛媛の生まれ。陳重(のぶしげ)の弟。東大教授。君権絶対主義の立場から民法の実施に反対。また、美濃部達吉天皇機関説を攻撃。著「憲法大意」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

穂積八束【ほづみやつか】

憲法学者。陳重(のぶしげ)の弟。東大教授,貴族院議員。論理的・体系的な君権絶対主義を提唱。忠孝一本の義を唱えた。〈民法出でて忠孝亡ぶ〉という彼の句は旧民法典の施行を延期させる一因となった。
→関連項目上杉慎吉政体

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

穂積八束 ほづみ-やつか

1860-1912 明治時代の法学者。
安政7年2月28日生まれ。穂積陳重(のぶしげ)の弟。明治22年帝国大学教授となり憲法学を担当。君権絶対主義にたち,民法典論争では実施延期派の中心として,24年論文「民法出デテ忠孝亡(ほろ)ブ」(「法学新報」)を発表した。のち貴族院議員,宮中顧問官。大正元年10月5日死去。53歳。伊予(いよ)(愛媛県)出身。東京大学卒。著作に「憲法提要」「憲法大意」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

穂積八束

没年:大正1.10.5(1912)
生年:万延1.2.25(1860.3.17)
明治時代の憲法学者。宇和島藩(愛媛県)出身。父は穂積重樹。陳重の弟。明治16(1883)年東大文学部政治学科卒。井上毅に嘱望され,17~22年ドイツ留学,ラーバントの影響を受けて,憲法発布直前に帰国,東大初代の憲法教授となる。「天皇即国家」であるとして天皇機関説を攻撃,祖先崇拝論によって天皇主権を基礎づけ,「民法出テテ忠孝亡フ」とボアソナード民法に反対した。天皇主権を「国体」としてその絶対不変を唱え,政党内閣憲法違反とするなど,保守的・権力的憲法論は学界で孤立したが,貴族院勅選議員,宮中顧問官,また教科書執筆者としても影響力を持った。明治44~45年の天皇機関説をめぐる美濃部・上杉論争に際しては,奥田義人文相に介入を働きかけ,新聞に匿名の美濃部攻撃文を掲載した。明治天皇の大葬に参列した際の風邪をこじらせ死亡した。馬で登校するなど逸話も多い。<著作>『憲法提要』<参考文献>長尾龍一『日本法思想史研究』

(長尾龍一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ほづみやつか【穂積八束】

1860‐1912(万延1‐大正1)
憲法学者。穂積陳重の弟として,宇和島藩士の家に生まれた。井上毅などに嘱望され,1883年東大卒業の翌年憲法学研究のためにドイツに留学,ラーバントに師事。89年2月,帰国早々東大教授に任命され,以後貴族院勅選議員,宮中顧問官などを兼ねた。その学説は天皇主権の絶対性を説く憲法理論,主権の所在を国体とし,主権発現の態様を政体として,日本を君主国体立憲政体であるとする日本国家論,また,天皇は民族の家長であるとする家族国家論などからなり,中等学校教科書の執筆者として,その説は国民教育上の正統学説となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ほづみやつか【穂積八束】

1860~1912) 法学者。陳重の弟。愛媛県出身。東大教授。君権絶対主義の立場から民法典論争をまき起こし、民法実施延期派の急先鋒となる。また、美濃部達吉の天皇機関説にも攻撃を加えた。著「憲法大意」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

穂積八束
ほづみやつか
(1860―1912)

わが国で近代を代表する法学者。法学者で枢密院議長を務めた穂積陳重(のぶしげ)の弟で、四国宇和島藩の国学者の家に生まれる。藩校明倫館に学び、上京して1883年(明治16)東京大学法学部を卒業し、その翌年からドイツに留学してシュルツェ、ラーバント教授らの教えを受けた。帰国後、1889年に帝国大学教授となり、憲法学の講座を担当したが、ドイツ留学中にラーバントから受けた君主絶対主義の立場にたつ憲法論を唱え、台頭しつつあった民権学派の憲法理論に対して強硬な反対論を展開した。旧民法の施行にあたっては「民法出デテ忠孝亡(ほろ)ブ」という論文を発表(1891)して、施行延期派の旗手となり、民法に家長権尊重を盛り込ませることに大きな役割を果たした。その間、貴族院議員、宮中顧問官などの重職を歴任した。主著『憲法提要』上下(1910)。[池田政章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

穂積八束の関連キーワード愛媛県宇和島市宇和津町愛媛県宇和島市御殿町愛媛県宇和島市新町愛媛県宇和島市住吉町愛媛県宇和島市野川愛媛県宇和島市蛤愛媛県宇和島市藤江愛媛県宇和島市丸穂愛媛県宇和島市丸之内愛媛県宇和島市蕨

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

穂積八束の関連情報