コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々木惣一 ささきそういち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐々木惣一
ささきそういち

[生]1878.3.28. 鳥取
[没]1965.8.4. 京都,京都
大正・昭和期の公法学者。1903年京都帝国大学卒業,ただちに同大学法科大学講師となり,1913年教授に就任。1933年の滝川事件により退官憲法行政法権威で,大正デモクラシーの有力な論客であり,立憲主義的で客観主義的かつ論理主義的な憲法論を展開した。1945年には内大臣府御用掛として大日本帝国憲法改正のための佐々木案を作成し,1946年には貴族院議員として憲法案の審議に加わった。1952年文化勲章受章主著に『日本憲法要論』(1930),『日本国憲法論』(1949)がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

佐々木惣一【ささきそういち】

憲法・行政法学者。鳥取市出身。京大卒後,母校で教えたが,滝川事件に際して学問の自由のために教授を辞職,のち立命館大学長となった。戦後,内大臣府の委嘱を受けて憲法改正草案を作った。
→関連項目森戸事件

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木惣一 ささき-そういち

1878-1965 明治-昭和時代の法学者。
明治11年3月28日生まれ。京都帝大教授。昭和8年滝川事件で政府に抗議して辞職。のち立命館大学長。戦後,帝国憲法の改正草案をつくった。27年文化勲章。昭和40年8月4日死去。87歳。鳥取県出身。京都帝大卒。著作に「日本行政法原論」「日本国憲法論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ささきそういち【佐々木惣一】

1878‐1965(明治11‐昭和40)
日本の憲法学および行政法学の確立・完成に大きな役割を果たした一人。鳥取市生れ。京都帝国大学法科大学を卒業後同大学に残り,やがて教授となったが,1933年滝川事件(京大事件)を契機に同僚とともに辞職した。学界全体が大政翼賛運動に巻き込まれていくなかで,大政翼賛会違憲論を主張した。45年,内大臣府御用掛として,近衛文麿とともに帝国憲法改正の考査にあたり,改正案を草したが,その作業に対する批判が強まり,占領軍当局の方針変更もあって,その改正案は日の目をみずに終わった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ささきそういち【佐々木惣一】

1878~1965) 法学者。鳥取県出身。京大教授。滝川事件で辞職、のち立命館大学学長。戦後、帝国憲法改正に参画。美濃部達吉とともに大正・昭和期の公法学界の双璧とされる。主著「日本憲法要論」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐々木惣一
ささきそういち
(1878―1965)

憲法・行政法学者。京都大学名誉教授、京都市名誉市民であった。鳥取市に生まれる。鳥取一中、四高を経て、1903年(明治36)京都帝国大学法科卒業。講師、助教授を経て、13年(大正2)同大教授となり、この間、憲法・行政法を講じていたが、33年(昭和8)の滝川事件を契機に、政府に抗議して同僚とともに辞職し、のちに立命館大学学長に迎えられた。29年(昭和4)以来、公法研究会、行政法判例研究会などを主宰し、弟子や後進を指導した。第二次世界大戦後、内大臣府御用掛として帝国憲法の改正に携わり、改正草案(いわゆる佐々木私案)をつくったことは有名。その骨子は、国民統合の体制として天皇制の国体は不変であることを前提にしながら、政治を民主化するという点に置かれた。公法学界では、東京帝国大学の美濃部達吉(みのべたつきち)と並んで、「東の美濃部、西の佐々木」と称されて、長らく学界の指導的地位を占め、52年(昭和27)文化勲章を授けられた。その特色は、徹底した客観的論理主義に基づく解釈論を展開したことにあり、主著として『日本行政法原論』(1920)、『立憲非立憲』(1918)、『日本憲法要論』(1930)、『わが国憲法の独自性』(1943)、『日本国憲法論』(1949)、『憲法学論文選』(1956~57)、『法の根本的考察』(1965)などがある。[池田政章]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

佐々木惣一の関連キーワード国体思想司法警察昭和時代吉野作造憲法撮要田畑忍警察権警察

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐々木惣一の関連情報