コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々木惣一 ささきそういち

7件 の用語解説(佐々木惣一の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐々木惣一
ささきそういち

[生]1878.3.28. 鳥取
[没]1965.8.4. 京都,京都
大正・昭和期の公法学者。1903年京都帝国大学卒業,ただちに同大学法科大学講師となり,1913年教授に就任。1933年の滝川事件により退官。憲法行政法の権威で,大正デモクラシーの有力な論客であり,立憲主義的で客観主義的かつ論理主義的な憲法論を展開した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ささき‐そういち【佐々木惣一】

[1878~1965]法学者。鳥取の生まれ。憲法および行政法の権威として、天皇機関説民本主義を主張。京大教授。在任中、滝川事件に連座して退官、のち、立命館大学学長。第二次大戦後、帝国憲法の改正に参画。文化勲章受章。著「日本国憲法論」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

佐々木惣一【ささきそういち】

憲法・行政法学者。鳥取市出身。京大卒後,母校で教えたが,滝川事件に際して学問の自由のために教授を辞職,のち立命館大学長となった。戦後,内大臣府の委嘱を受けて憲法改正草案を作った。
→関連項目森戸事件

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木惣一 ささき-そういち

1878-1965 明治-昭和時代の法学者。
明治11年3月28日生まれ。京都帝大教授。昭和8年滝川事件で政府に抗議して辞職。のち立命館大学長。戦後,帝国憲法の改正草案をつくった。27年文化勲章。昭和40年8月4日死去。87歳。鳥取県出身。京都帝大卒。著作に「日本行政法原論」「日本国憲法論」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ささきそういち【佐々木惣一】

1878‐1965(明治11‐昭和40)
日本の憲法学および行政法学の確立・完成に大きな役割を果たした一人。鳥取市生れ。京都帝国大学法科大学を卒業後同大学に残り,やがて教授となったが,1933年滝川事件(京大事件)を契機に同僚とともに辞職した。学界全体が大政翼賛運動に巻き込まれていくなかで,大政翼賛会違憲論を主張した。45年,内大臣府御用掛として,近衛文麿とともに帝国憲法改正の考査にあたり,改正案を草したが,その作業に対する批判が強まり,占領軍当局の方針変更もあって,その改正案は日の目をみずに終わった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ささきそういち【佐々木惣一】

1878~1965) 法学者。鳥取県出身。京大教授。滝川事件で辞職、のち立命館大学学長。戦後、帝国憲法改正に参画。美濃部達吉とともに大正・昭和期の公法学界の双璧とされる。主著「日本憲法要論」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐々木惣一
ささきそういち
(1878―1965)

憲法・行政法学者。京都大学名誉教授、京都市名誉市民であった。鳥取市に生まれる。鳥取一中、四高を経て、1903年(明治36)京都帝国大学法科卒業。講師、助教授を経て、13年(大正2)同大教授となり、この間、憲法・行政法を講じていたが、33年(昭和8)の滝川事件を契機に、政府に抗議して同僚とともに辞職し、のちに立命館大学学長に迎えられた。29年(昭和4)以来、公法研究会、行政法判例研究会などを主宰し、弟子や後進を指導した。第二次世界大戦後、内大臣府御用掛として帝国憲法の改正に携わり、改正草案(いわゆる佐々木私案)をつくったことは有名。その骨子は、国民統合の体制として天皇制の国体は不変であることを前提にしながら、政治を民主化するという点に置かれた。公法学界では、東京帝国大学美濃部達吉(みのべたつきち)と並んで、「東の美濃部、西の佐々木」と称されて、長らく学界の指導的地位を占め、52年(昭和27)文化勲章を授けられた。その特色は、徹底した客観的論理主義に基づく解釈論を展開したことにあり、主著として『日本行政法原論』(1920)、『立憲非立憲』(1918)、『日本憲法要論』(1930)、『わが国憲法の独自性』(1943)、『日本国憲法論』(1949)、『憲法学論文選』(1956~57)、『法の根本的考察』(1965)などがある。[池田政章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐々木惣一の関連キーワードダイシー国法学憲法学兼子仁塩野宏鈴木安蔵田上穣治高柳信一橋本公亘エスマン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

佐々木惣一の関連情報