憲静(読み)けんじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

憲静 けんじょう

?-1295 鎌倉時代の僧。
真言宗。京都深草の嘉祥寺で出家。京都泉涌(せんにゅう)寺の智鏡,醍醐(だいご)寺の頼賢らに密教などをまなぶ。泉涌寺6世となり,宮中で講義。のち鎌倉の大楽寺,理智光寺をひらき,相模(さがみ)(神奈川県)大山寺を再建。弘安(こうあん)2年大勧進となり東寺を再興,高野山の復興にもつくした。永仁(えいにん)3年4月17日死去。字(あざな)は願行(がんぎょう)。諡号は宗灯(そうとう)律師。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android