コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

憲静 けんじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

憲静 けんじょう

?-1295 鎌倉時代の僧。
真言宗。京都深草の嘉祥寺で出家。京都泉涌(せんにゅう)寺の智鏡,醍醐(だいご)寺の頼賢らに密教などをまなぶ。泉涌寺6世となり,宮中で講義。のち鎌倉の大楽寺,理智光寺をひらき,相模(さがみ)(神奈川県)大山寺を再建。弘安(こうあん)2年大勧進となり東寺を再興,高野山の復興にもつくした。永仁(えいにん)3年4月17日死去。字(あざな)は願行(がんぎょう)。諡号は宗灯(そうとう)律師。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

憲静の関連キーワードバイドゥ(貝杜)利尻町の要覧映画ファンド患者等搬送事業イルハン国御伝鈔東方見聞録藤原藤房マルコポーロ伊勢新名所歌合絵巻

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android