コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原藤房 ふじわらの ふじふさ

デジタル大辞泉の解説

ふじわら‐の‐ふじふさ〔ふぢはら‐ふぢふさ〕【藤原藤房】

[1295~?]南北朝時代後醍醐天皇の側近。宣房(のぶふさ)の子。元弘の変で天皇を奉じて笠置山に逃れたが、捕らえられて常陸(ひたち)配流。のち、建武政府の恩賞方筆頭となったが、行賞の不公正などに失望して隠居。万里小路(までのこうじ)藤房。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふじわらのふじふさ【藤原藤房】

1295~?) 鎌倉末期の廷臣。宣房の子。中納言。家名は万里小路までのこうじ。後醍醐天皇の近臣。元弘の乱の時、笠置山で捕らえられ、常陸ひたちに配流された。建武政権成立後は恩賞方筆頭。のち行賞の不公正など、新政に失望して隠居した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤原藤房
ふじわらのふじふさ

[生]永仁3(1295).京都
[没]?
鎌倉時代末期~南北朝時代初期の廷臣。万里小路藤房ともいう。宣房の子。中納言,正二位。後醍醐天皇が東宮のときから側近にあり,即位後の討幕計画にも参画。元弘1=元徳3 (1331) 年の元弘の乱には天皇に従って笠置山に逃れたが,有王山で捕えられ,翌年常陸に流された。建武政権樹立とともに帰京し,洞院実世 (とういんさねよ) に次いで恩賞方筆頭となった。しかし公武の争いと行賞についての私曲が横行したので出仕をやめ,建武1 (34) 年天皇が政を顧みないのをいさめて岩倉で出家。その後の動静は明らかでない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤原藤房
ふじわらのふじふさ
(1295―1380?)

万里小路(までのこうじ)藤房ともいう。鎌倉末期の公卿(くぎょう)。宣房(のぶふさ)の子。父とともに後醍醐(ごだいご)天皇に近侍し、天皇の討幕計画に参加した。1331年(元弘1)中納言(ちゅうなごん)になり、この年元弘(げんこう)の変が起こると、天皇を奉じて笠置(かさぎ)に逃れたが、北条方に捕らえられ、翌年下総(しもうさ)国(『太平記』では常陸(ひたち)国)に流された。33年後醍醐天皇の建武(けんむ)政権成立により呼び帰され、恩賞方(おんしょうがた)筆頭となり、新政権のために働いたが、翌34年(建武1)行賞の不公平について天皇に諫言(かんげん)したがいれられず、京都北山の岩倉に隠れ、天皇の召にも応じなかった。その後、出家し、行方をくらました。[飯倉晴武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

藤原藤房の関連キーワード万里小路藤房授翁宗弼ひたち家名元弘近臣藤原新政

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android