コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原藤房 ふじわらの ふじふさ

6件 の用語解説(藤原藤房の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

藤原藤房

鎌倉後期・南北朝の吉野朝の廷臣。宣房の子。初名惟房、万里小路と称する。後醍醐天皇に仕え、中納言・左近衛督・検非違使となる。元弘の変後、常陸に流されるが、北条高時滅後は京に帰る。建武中興に志を得ず篭居する。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふじわら‐の‐ふじふさ〔ふぢはら‐ふぢふさ〕【藤原藤房】

[1295~?]南北朝時代後醍醐天皇の側近。宣房(のぶふさ)の子。元弘の変で天皇を奉じて笠置山に逃れたが、捕らえられて常陸(ひたち)へ配流。のち、建武政府の恩賞方筆頭となったが、行賞の不公正などに失望して隠居。万里小路(までのこうじ)藤房。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原藤房 ふじわらの-ふじふさ

万里小路藤房(までのこうじ-ふじふさ)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

ふじわらのふじふさ【藤原藤房】

1295~?) 鎌倉末期の廷臣。宣房の子。中納言。家名は万里小路までのこうじ。後醍醐天皇の近臣。元弘の乱の時、笠置山で捕らえられ、常陸ひたちに配流された。建武政権成立後は恩賞方筆頭。のち行賞の不公正など、新政に失望して隠居した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤原藤房
ふじわらのふじふさ

[生]永仁3(1295).京都
[没]?
鎌倉時代末期~南北朝時代初期の廷臣。万里小路藤房ともいう。宣房の子。中納言,正二位。後醍醐天皇が東宮のときから側近にあり,即位後の討幕計画にも参画。元弘1=元徳3 (1331) 年の元弘の乱には天皇に従って笠置山に逃れたが,有王山で捕えられ,翌年常陸に流された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤原藤房
ふじわらのふじふさ
(1295―1380?)

万里小路(までのこうじ)藤房ともいう。鎌倉末期の公卿(くぎょう)。宣房(のぶふさ)の子。父とともに後醍醐(ごだいご)天皇に近侍し、天皇の討幕計画に参加した。1331年(元弘1)中納言(ちゅうなごん)になり、この年元弘(げんこう)の変が起こると、天皇を奉じて笠置(かさぎ)に逃れたが、北条方に捕らえられ、翌年下総(しもうさ)国(『太平記』では常陸(ひたち)国)に流された。33年後醍醐天皇の建武(けんむ)政権成立により呼び帰され、恩賞方(おんしょうがた)筆頭となり、新政権のために働いたが、翌34年(建武1)行賞の不公平について天皇に諫言(かんげん)したがいれられず、京都北山の岩倉に隠れ、天皇の召にも応じなかった。その後、出家し、行方をくらました。[飯倉晴武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原藤房の関連キーワード永仁の徳政令没・歿勃・歿・没御伝鈔三角数月蓬円見最仁法親王藤原能清Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone