コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

懐音 えおん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

懐音 えおん

?-1714 江戸時代前期-中期の僧。
浄土宗。江戸増上寺でまなび,武蔵(むさし)岩槻(いわつき)(埼玉県)浄国寺の聞証(もんしょう)に師事。のち郷里の大和(奈良県)にもどり,西光寺住職となる。「浄土考原録」を執筆し,京都法然院の忍澂(にんちょう)にみとめられ同院をついだ。正徳(しょうとく)4年5月5日死去。号は本蓮社真誉玄阿。著作はほかに「往生礼讃纂釈」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

懐音の関連キーワード浄土宗

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android