コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聞証 もんしょう

1件 の用語解説(聞証の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

聞証 もんしょう

1635*-1688 江戸時代前期の僧。
寛永11年12月15日生まれ。浄土宗。江戸増上寺に修学し,奈良興福寺の盛源に唯識をまなぶ。下野(しもつけ)(栃木県)円通寺,武蔵(むさし)岩槻(埼玉県)浄国寺などで唯識法相(ほっそう)を講義,檀林の教科書となった「略述法相義」ほか著述がおおい。貞享(じょうきょう)5年5月27日死去。55歳。京都出身。俗姓は林。字(あざな)は良光。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

聞証の関連キーワード元禄石垣永将スペイン演劇真田信利豊蔵坊信海勘定奉行松山藩(伊予国)楽焼Jamesメアリー[2世]

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

聞証の関連情報