コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聞証 もんしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

聞証 もんしょう

1635*-1688 江戸時代前期の僧。
寛永11年12月15日生まれ。浄土宗。江戸増上寺に修学し,奈良興福寺の盛源に唯識をまなぶ。下野(しもつけ)(栃木県)円通寺,武蔵(むさし)岩槻(埼玉県)浄国寺などで唯識法相(ほっそう)を講義,檀林教科書となった「略述法相義」ほか著述がおおい。貞享(じょうきょう)5年5月27日死去。55歳。京都出身。俗姓は林。字(あざな)は良光。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

聞証 (もんしょう)

生年月日:1634年11月15日
江戸時代前期の浄土宗の学僧
1688年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

聞証の関連キーワード伝聞証拠排除の原則簡易公判手続即決裁判手続証拠能力伝聞証拠生年月日反対尋問交互尋問伝聞例外英米法供述陪審証拠鑑定懐音義山審問

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android