コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

懸(け)隔たる カケヘダタル

1件 の用語解説(懸(け)隔たるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かけ‐へだた・る【懸(け)隔たる】

[動ラ五(四)]
遠く離れる。
「父は常に我々とは―・った奥の二間を専領していた」〈漱石行人
両者の間に大きな違いがある。かけはなれる。「現実と理想とはあまりにも―・っている」
(「駆け隔たる」とも書く)争いなどをしている両者の間に分け入る。
「郎等は主を討たせじと、―・りて実盛と、押し並べて組むところを」〈謡・実盛

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

懸(け)隔たるの関連キーワード遠国遠ざかる離れ小島離れ島遥遥鄙離る隔るもて離る掛離れる人離る