コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二間(読み)フタマ

デジタル大辞泉の解説

ふた‐ま【二間】

二つの部屋。ふたへや。「二間しかないアパート」
《南北の柱間が二間であるところから》清涼殿夜の御殿(おとど)の東隣りにある部屋の名。天皇守護の祈祷(きとう)をする僧が伺候して修法などが行われた。
殿舎などで、柱と柱との間が二つあること。また、その部屋。
「―の際(きは)なる障子」〈末摘花

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふたま【二間】

二室。二部屋。 「六畳と四畳半の-」
柱間はしらまが二つあること。また、柱間の二つある部屋。
清涼殿の夜御殿よるのおとどの東にある部屋。柱間が東西一、南北二であるところからの称。夜居よいの僧が伺候しこうした所。 → 清涼殿

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二間の関連情報