コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成人発症スチル病の予備的分類基準 せいじんはっしょうすちるびょうのよびてきぶんるいきじゅん

1件 の用語解説(成人発症スチル病の予備的分類基準の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

せいじんはっしょうすちるびょうのよびてきぶんるいきじゅん【成人発症スチル病の予備的分類基準】

[大基準]
 ①発熱(39℃以上、1週間以上)
 ②関節痛(2週間以上)
 ③定型的皮疹(ていけいてきひしん)(リウマトイド疹(しん))
 ④白血球増多(はっけっきゅうぞうた)(1mm3あたり1万以上、かつ好中球(こうちゅうきゅう)80%以上)
[小基準]
 ①咽頭痛(いんとうつう)
 ②リンパ節腫脹(せつしゅちょう)、脾腫(ひしゅ)
 ③肝機能異常
 ④リウマトイド因子、抗核抗体(こうかくこうたい)陰性
[除外疾患]
 ①感染症(とくに敗血症(はいけつしょう)、伝染性単核症(でんせんせいたんかくしょう))
 ②悪性腫瘍(あくせいしゅよう)(とくに悪性リンパ腫
 ③リウマチ性疾患(とくに多発性結節性動脈炎(たはつせいけっせつせいどうみゃくえん)、悪性関節リウマチ
[判定]
 大基準の2項目以上を含み、小基準を含めて5項目以上を満たす。ただし、前述の除外疾患を除外できること。
[定型的皮疹]
 ①隆起のない、あるいはわずかに隆起した径数mmの紅色~赤桃色の紅斑(こうはん)
 ②発熱時に出現して、解熱時(げねつじ)に消退する。
 ③全身性、びまん性にみられるものでなく、散在性である(躯幹(くかん)や四肢(しし)の近位部に多い)
 ④同じ患者さんでも場所によって形状が異なり、小紅斑と集簇(しゅうそう)・融台した比較的大きな紅斑が、混在することが多い。
 ⑤掻痒感は一般にない。
 ⑥ケブナー現象陽性(機械的刺激や温熱刺激で出現しやすい)

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

成人発症スチル病の予備的分類基準の関連キーワード弛張熱発熱発熱量真夏日真冬日発熱物質好熱菌食後発熱メタボリックシンドロームの診断基準

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone