コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成型肉(読み)セイケイニク

大辞林 第三版の解説

せいけいにく【成型肉】

切断した食肉を人工的につなぎ合わせ、成型加工を施したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

成型肉
せいけいにく

生肉、脂身、横隔膜などを人工的に結着させ、形状を整えた加工肉の一種。成形肉とも表記し、結着肉、圧着肉ともいう。肉片などを金属容器に詰めて圧力をかけ、凍結させることによって結着、整形する。また、ポリリン酸ナトリウムなどの結着剤が使用されることも多い。ラムロールやひき肉を固めたサイコロ状の肉などが、成型肉として知られている。
 卸売りや小売りの際には、牛肉加工品や食肉加工品、さらに成型肉であることを表示しなければならない。しかし、外食産業ではこうした規定がないため、これまでも食材偽装やメニュー「誤表示」の問題がたびたび発生していた。全国食肉公正取引協議会では関連するJAS法、食品衛生法、不当景品類及び不当表示防止法、健康増進法の規定を盛り込んだ食肉公正競争規約を設け、食肉流通・販売事業者へ適正な取扱いを促し、表示法の浸透を図っている。また、会員に対し、外食産業への卸売りの際にはレストランなどの顧客に誤解を与えないよう、成型肉である場合は、その旨を表示、あるいは説明するよう勧めることを要請している。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android