コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成尋阿闍梨の母 じょうじんあじゃりのはは

1件 の用語解説(成尋阿闍梨の母の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

成尋阿闍梨の母

没年:延久5.5以降(1073)
生年:永延2頃(988)
平安時代の歌人。父は大納言源俊賢(左大臣源高明の子)。藤原義賢(藤原実方の子か)の妻となり,成尋らふたりの子をもうけたと思われる。夫はその後まもなく没したらしい。その成尋が延久4(1072)年3月,62歳で入宋,それにまつわる母としての思いを切々とつづった作品が,家集『成尋阿闍梨母集』である。『千載集』以下の勅撰集に9首入集。いつの世も変わることのない,子を思う母の心情を詠んだ歌が多い。<参考文献>宮崎荘平『成尋阿闍梨母集』

(谷知子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

成尋阿闍梨の母の関連キーワード大納言源俊賢上達部四納言准大臣今出川教季藤原実行藤原宗輔源師光源能俊

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone