コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成尋阿闍梨の母 じょうじんあじゃりのはは

朝日日本歴史人物事典の解説

成尋阿闍梨の母

没年:延久5.5以降(1073)
生年:永延2頃(988)
平安時代の歌人。父は大納言源俊賢(左大臣源高明の子)。藤原義賢(藤原実方の子か)の妻となり,成尋らふたりの子をもうけたと思われる。夫はその後まもなく没したらしい。その成尋が延久4(1072)年3月,62歳で入宋,それにまつわる母としての思いを切々とつづった作品が,家集『成尋阿闍梨母集』である。『千載集』以下の勅撰集に9首入集。いつの世も変わることのない,子を思う母の心情を詠んだ歌が多い。<参考文献>宮崎荘平『成尋阿闍梨母集』

(谷知子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

成尋阿闍梨の母の関連キーワード後三条天皇グレゴリウス7世ベネディクツス10世クレメンス3世無貯蓄貯蓄ゼロGregorius周敦頤成尋阿闍梨母集白河天皇

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android