コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成果配分方式

1件 の用語解説(成果配分方式の意味・用語解説を検索)

人材マネジメント用語集の解説

成果配分方式

・賃金、賞与などを経営の定めた成果(業績)と結びつけた上で計画的に支給する方式のこと。
・設定された成果(業績)指標によって賃金・賞与が左右されるため、当該成果や業績の測定指標をどのようなものにするかが非常に重要となる。
・経営を安定させるだけではなく、成果(業績)に連動した昇給も期待できるため、従業員のモラールを高める意味でも効果が期待できる。一方、従業員の努力で改善できないものが指標に設定された場合には、モラールダウンを招くこともある。

出典|(株)アクティブアンドカンパニー
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

成果配分方式の関連キーワード業績原資最低賃金業績連動型賞与給与所得本給年末賞与トータル人事制度成果等級制度レーマン方式

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone