コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成田佐左衛門 なりた さざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

成田佐左衛門 なりた-さざえもん

?-1734 江戸時代中期の豪商。
江戸の人。享保(きょうほう)12年越後(えちご)(新潟県)紫雲寺潟(しうんじがた)の私費干拓を出願した硫黄採掘業者竹前小八郎の証人となり,資金調達にくわわる。小八郎の兄権兵衛(ごんべえ)が幕府からあたえられた500haの土地のうち50haをゆずられ成田新田をひらいた。享保19年10月26日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

成田佐左衛門

没年:享保19.10.26(1734.11.21)
生年:生年不詳
江戸中期,越後(新潟県)紫雲寺潟新田の開発者。江戸の豪商。屋号会津屋。竹前小八郎が紫雲寺潟新田開発を出願したとき,身寄りの者として享保12(1727)年願人の証人となり,江戸本所松坂町の家屋敷1軒を質に入れ200両を用立て,同13年には柏崎の豪商宮川四郎兵衛を新田鍬組人数に参加させた。同17年,竹前権兵衛が500町歩を拝領すると,その10分の1の50町歩を受け取り新田を開発し成田新田と称した。江戸商人の地方進出例ともいえる。<参考文献>『加治川治水沿革史』

(小村弌)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

成田佐左衛門の関連キーワード平敷屋朝敏シャルダンブルボン朝ボルテール文楽人形浄瑠璃芝居シネマコンプレックス相生獅子麻田剛立蘆屋道満大内鑑

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android