コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成田佐左衛門 なりた さざえもん

2件 の用語解説(成田佐左衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

成田佐左衛門 なりた-さざえもん

?-1734 江戸時代中期の豪商。
江戸の人。享保(きょうほう)12年越後(えちご)(新潟県)紫雲寺潟(しうんじがた)の私費干拓を出願した硫黄採掘業者竹前小八郎の証人となり,資金調達にくわわる。小八郎の兄権兵衛(ごんべえ)が幕府からあたえられた500haの土地のうち50haをゆずられ成田新田をひらいた。享保19年10月26日死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

成田佐左衛門

没年:享保19.10.26(1734.11.21)
生年:生年不詳
江戸中期,越後(新潟県)紫雲寺潟新田の開発者。江戸の豪商。屋号会津屋。竹前小八郎が紫雲寺潟新田開発を出願したとき,身寄りの者として享保12(1727)年願人の証人となり,江戸本所松坂町の家屋敷1軒を質に入れ200両を用立て,同13年には柏崎の豪商宮川四郎兵衛を新田鍬組人数に参加させた。同17年,竹前権兵衛が500町歩を拝領すると,その10分の1の50町歩を受け取り新田を開発し成田新田と称した。江戸商人の地方進出例ともいえる。<参考文献>『加治川治水沿革史』

(小村弌)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

成田佐左衛門の関連キーワード下越耕雲寺小川弘顕窓慶字呉浚明泰亮愚海竹前権兵衛広井一宮川儀右衛門宮川四郎兵衛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone