成田氏宗(読み)なりた うじむね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

成田氏宗 なりた-うじむね

?-1622 江戸時代前期の大名。
成田長忠(ながただ)の次男。慶長20年大坂夏の陣で戦功をたてる。元和(げんな)2年下野(しもつけ)(栃木県)烏山(からすやま)藩主成田家3代となるが,継嗣問題をめぐる内紛により2万7000石の減封となる。元和8年11月7日急死,嗣子がなく成田家は断絶した。初名は泰之。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android