コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成田長忠 なりた ながただ

1件 の用語解説(成田長忠の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

成田長忠 なりた-ながただ

?-1617* 織豊-江戸時代前期の大名。
成田長泰(ながやす)の次男。小田原攻めのあと,蒲生氏郷(がもう-うじさと)につかえ,武蔵(むさし)寄居(よりい)城(埼玉県)城主。文禄(ぶんろく)4年兄氏長(うじなが)の遺領をつぎ,下野(しもつけ)(栃木県)烏山(からすやま)城主となる。慶長5年加増され烏山藩主成田家初代。3万7000石。のち大坂の陣で名をあげた。元和(げんな)2年12月18日死去。初名は泰高,のち泰親。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

成田長忠の関連キーワード鳥取(市)小倉祇園太鼓犬山城大洲城周期表東照宮土佐光起ネーピア本願寺吉原

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone