コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成田長忠 なりた ながただ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

成田長忠 なりた-ながただ

?-1617* 織豊-江戸時代前期の大名。
成田長泰(ながやす)の次男。小田原攻めのあと,蒲生氏郷(がもう-うじさと)につかえ,武蔵(むさし)寄居(よりい)城(埼玉県)城主文禄(ぶんろく)4年兄氏長(うじなが)の遺領をつぎ,下野(しもつけ)(栃木県)烏山(からすやま)城主となる。慶長5年加増され烏山藩主成田家初代。3万7000石。のち大坂の陣で名をあげた。元和(げんな)2年12月18日死去。初名は泰高,のち泰親。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

成田長忠の関連キーワード成田長泰成田氏宗

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android