コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成田蒼きゅう なりたそうきゅう

1件 の用語解説(成田蒼きゅうの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

成田蒼きゅう
なりたそうきゅう

[生]宝暦11(1761).金沢
[没]天保13(1842).3.13. 京都
江戸時代後期の俳人。通称,彦助。久左衛門利定ともいう。別号,槐庵,芭蕉堂 (2世) ,南無庵 (2世) ,対塔庵。加賀金沢藩士で,俳諧を高桑闌更に学び,蕉風の復興に努めた。桜井梅室とともに天保俳壇の雄。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

成田蒼きゅうの関連キーワード久我通兄羽倉信舎没・歿勃・歿・没三国節金沢根深ねぎ金沢兼光佐々木真足Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone