コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成田蒼きゅう なりたそうきゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

成田蒼きゅう
なりたそうきゅう

[生]宝暦11(1761).金沢
[没]天保13(1842).3.13. 京都
江戸時代後期の俳人。通称,彦助。久左衛門利定ともいう。別号,槐庵,芭蕉堂 (2世) ,南無庵 (2世) ,対塔庵。加賀金沢藩士で,俳諧を高桑闌更に学び,蕉風の復興に努めた。桜井梅室とともに天保俳壇の雄。『蒼きゅう翁句集』 (1839) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

成田蒼きゅうの関連キーワード別号

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android