コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成石勘三郎 なるいし かんざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

成石勘三郎 なるいし-かんざぶろう

1880-1931 明治時代の商人。
明治13年2月5日生まれ。雑貨商。弟成石平四郎を通じて大石誠之助を知り,酒席で革命談議にあいづちをうち,爆弾を試作したとして,明治43年の大逆事件で逮捕。44年幸徳秋水(こうとく-しゅうすい)や弟とともに死刑判決,翌日無期懲役となり,昭和4年仮釈放。昭和6年1月3日死去。52歳。和歌山県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

成石勘三郎の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android