コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大石誠之助 おおいし せいのすけ

5件 の用語解説(大石誠之助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大石誠之助 おおいし-せいのすけ

1867-1911 明治時代の社会主義者,医師。
慶応3年11月4日生まれ。明治23年渡米してオレゴン大で医学をまなび,29年郷里の和歌山県新宮町で開業。32年伝染病研究のためインドにいく。幸徳秋水,堺利彦とまじわり,社会主義運動に参加。大逆事件に連座し,明治44年1月24日刑死した。45歳。号は禄亭。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大石誠之助

没年:明治44.1.24(1911)
生年:慶応3.11.4(1867.11.29)
明治時代の医師,評論家。号は禄亭。和歌山県新宮市に増平,かよの次男として生まれる。同志社を中退し,明治23(1890)年渡米。オレゴン州立大学で医学を学ぶ。いったん帰国し,郷里で開業。シンガポール,インドに渡り伝染病の研究のかたわら社会的差別に目を向け,社会主義に関心を持った。帰国後,新宮で医療活動に当たるとともに平民食堂を起こすなど貧民救済の地域活動を行った。また,地元紙『牟婁新報』や東京の社会主義新聞『平民新聞』に寄稿した。幸徳秋水らと親交があったことから大逆事件(1910)に連座させられ,翌年刑死。<著作>『大石誠之助全集』

(有山輝雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おおいしせいのすけ【大石誠之助】

1867‐1911(慶応3‐明治44)
明治期の社会主義者。和歌山県新宮の出身。禄亭永升と号す。同志社を経てオレゴン州立大医学部を卒業後,新宮で医業に従事。1898‐1901年シンガポール,インドに滞在し,社会主義に関心を持ち,帰国後幸徳秋水,堺利彦,森近運平らと交際した。幸徳の影響を受けつつ新宮で成石平四郎高木顕明らに社会主義を教えた。大逆事件でその同志らとともに新宮グループとして起訴され,死刑に処された。【橋本 哲哉】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おおいしせいのすけ【大石誠之助】

1867~1911) 社会主義者・医師。和歌山県生まれ。社会主義運動を支援、大逆事件に連座して死刑に処せられた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大石誠之助
おおいしせいのすけ
(1867―1911)

和歌山県新宮(しんぐう)の医師。社会主義者として大逆事件に連座し、死刑判決を受け処刑された。兄余平の影響を受けキリスト教に入信、同志社に入学。その後渡米、オレゴン大学を卒業し医師となる。シンガポール、インドで医学研究に従事、社会主義に関心を抱く。帰国後は新宮で開業、中央の社会主義機関紙に寄稿する。1908年(明治41)上京のおり、幸徳秋水が唱えた天皇暗殺計画なるものに賛同したとして大逆事件に連座するが、無実であった。2001年(平成13)新宮市議会により名誉回復の決議が行われた。『大石誠之助全集』全2巻(1982年)がある。[山泉 進]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大石誠之助の言及

【大逆事件】より

…判決は当時国内の一部の新聞に報道されたにすぎず,内容の検討・批判は許されず,事件の真相究明が本格的に始まったのは戦後になってからである。 判決によると,1908年6月の赤旗事件で社会主義者が弾圧されたのち,その報復のため幸徳は大石誠之助,森近運平,のちに松尾卯一太も加えて〈諸方衙を焼毀し,当路の顕官を殺し,且つ宮城に迫りて大逆罪を犯す〉との陰謀を企てた。また別に幸徳,管野は,宮下,新村忠雄,古河力作が09年2月以来爆弾を試作し,大逆の計画をもっているのを知り,〈爆裂弾を以て大逆罪を犯し革命の端を発せん〉ことを協議した。…

※「大石誠之助」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大石誠之助の関連キーワード丹鶴舟古川鉄耕清元梅吉観世清廉笹森卯一郎藤堂高成土岐頼知萩原守一安田木母桃川如燕

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大石誠之助の関連情報