コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小織桂一郎 さおり けいいちろう

2件 の用語解説(小織桂一郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小織桂一郎 さおり-けいいちろう

1870*-1943 明治-昭和時代前期の舞台俳優。
明治2年12月10日生まれ。24年川上音二郎一座で初舞台。大阪の角座で喜多村緑郎(ろくろう),高田実らと成美団を結成。大正2年河合武雄公衆劇団にくわわる。のち関西新派で活躍した。昭和18年7月26日死去。75歳。越後(えちご)(新潟県)出身。本名は西巻行蔵。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さおりけいいちろう【小織桂一郎】

1869‐1943(明治2‐昭和18)
新派俳優。新潟県柏崎生れ。本名西巻行蔵。1891年川上音二郎一座に参加,初舞台をふむ。96年大阪角座(かどざ)で高田実,喜多村緑郎らと成美団を結成し,角座,朝日座で活躍した。高田らと一座した東京の舞台では座長となり,のち河合武雄の公衆劇団にも参加したが,その後は関西新派の重鎮となった。1928年松竹家庭劇に〈補導〉格で加入するが,41年に本流新派に復帰した。情味のある役を得意とし,また能書家としても知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

小織桂一郎の関連キーワード育英制度製糸業日本科学史アメリカ美術イギリス映画奈破崙開拓使コッペリア文化闘争嘉納治兵衛(5代)

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone