コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小織桂一郎 さおり けいいちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小織桂一郎 さおり-けいいちろう

1870*-1943 明治-昭和時代前期の舞台俳優。
明治2年12月10日生まれ。24年川上音二郎一座で初舞台。大阪の角座喜多村緑郎(ろくろう),高田実らと成美団を結成。大正2年河合武雄の公衆劇団にくわわる。のち関西新派で活躍した。昭和18年7月26日死去。75歳。越後(えちご)(新潟県)出身。本名は西巻行蔵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さおりけいいちろう【小織桂一郎】

1869‐1943(明治2‐昭和18)
新派俳優。新潟県柏崎生れ。本名西巻行蔵。1891年川上音二郎一座に参加,初舞台をふむ。96年大阪角座(かどざ)で高田実,喜多村緑郎らと成美団を結成し,角座,朝日座で活躍した。高田らと一座した東京の舞台では座長となり,のち河合武雄の公衆劇団にも参加したが,その後は関西新派の重鎮となった。1928年松竹家庭劇に〈補導〉格で加入するが,41年に本流新派に復帰した。情味のある役を得意とし,また能書家としても知られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

小織桂一郎の関連キーワード新派劇

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android