高田実(読み)たかた・みのる

朝日日本歴史人物事典「高田実」の解説

高田実

没年:大正5.9.24(1916)
生年:明治4.3.19(1871.5.8)
明治大正期の新派俳優。東京生まれ。鉄道会社員から明治25(1892)年劇界に入った。川上音二郎一座の「日清戦争」(1894)で李鴻章に扮したのが出世役となる。29年大阪で成美団結成,写実芸の開拓に尽力し,34年には評論「自然主義新演劇を唱ふ」を発表,関西新派の中心俳優として活躍した。のち帰京して本郷座の座頭俳優となり,新派劇全盛時代を招来した。当たり役に「金色夜叉」の荒尾譲介,「が罪」の作兵衛,「琵琶歌」の三蔵など。内面的な演技表現が巧みで「新演劇の団十郎」と呼ばれた。<参考文献>柳永二郎「高田実研究」(『新派の六十年』)

(藤木宏幸)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「高田実」の解説

高田実
たかたみのる
(1871―1916)

新派俳優。東京に生まれる。1891年(明治24)川上音二郎一座で初舞台を踏み、94年浅草座の『日清(にっしん)戦争』で、川上の伊藤博文(ひろぶみ)に対し、李鴻章(りこうしょう)を演じて好評を博した。96年9月、喜多村緑郎(ろくろう)らと「成美団(せいびだん)」を組織し、角(かど)座、朝日座で関西新派の頭目として活躍。1904年(明治37)東京に帰り、本郷座の座長として重厚な演技をもって、本郷座時代といわれる新派全盛期をつくった。当り役は『金色夜叉(こんじきやしゃ)』の荒尾譲介、『不如帰(ほととぎす)』の片岡中将、『己(おの)が罪』の作兵衛、『琵琶(びわ)歌』の三蔵など。

菊池 明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「高田実」の解説

高田実
たかだみのる

[生]明治4(1871).3.19. 東京
[没]1916.9.24. 京都
新派俳優。 1891年川上音二郎一座で初舞台。 94年1月『意外』『又意外』『又々意外』で,また同年8月『日清戦争』の李鴻章で好評を得た。のち関西新派,東京本郷座などで活躍。「新派の団十郎」と称され,腹芸的な演技を得意とした。当り役は,『金色夜叉』の荒尾丈介,『不如帰 (ほととぎす) 』の片岡中将など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「高田実」の解説

高田実【たかたみのる】

新派俳優。東京生れ。鉄道駅員から新派俳優となり,川上音二郎一座に加わって《日清戦争》の李鴻章(りこうしょう)役で好評を得た。1896年大阪で喜多村緑郎らと成美団を結成,関西新派の頭目となるが,1904年帰京し,本郷座で新派全盛時代を現出。当り役は《金色夜叉》の荒尾譲介,《不如帰(ほととぎす)》の片岡中将など。新派の団十郎と呼ばれた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「高田実」の解説

高田実 たかた-みのる

1871-1916 明治-大正時代の舞台俳優。
明治4年3月19日生まれ。川上音二郎一座で初舞台をふみ,「日清(にっしん)戦争」の李鴻章役で人気をえる。明治29年大阪で喜多村緑郎らと成美団を結成。のち帰京して本郷座座長となり,新派全盛期の本郷座時代をきずいた。新派の団十郎といわれる。大正5年9月24日死去。46歳。東京出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「高田実」の解説

たかた‐みのる【高田実】

新派俳優。東京出身。川上音二郎一座で初舞台をふみ、のち大阪で喜多村緑郎らと成美団を組織、関西新派の頭目となる。日露戦争後、東京の本郷座で新派全盛時代を築き、「新派の団十郎」と称せられた。明治四~大正五年(一八七一‐一九一六

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「高田実」の解説

たかたみのる【高田実】

1871‐1916(明治4‐大正5)
新派俳優。東京千住の生れ。初め鉄道会社に勤めていたが,辞職して1892年に初舞台をふみ,山口定雄一座から川上音二郎の一座に転じ,《日清戦争》の李鴻章(りこうしよう)役が出世役となる。96年大阪で喜多村緑郎らと成美団を結成,関西新派の頭目として活躍した。のち帰京して本郷座の座頭俳優となり,新派全盛のいわゆる本郷座時代を樹立した。《金色夜叉》の荒尾譲介,《己が罪》の作兵衛,《琵琶歌》の三蔵が当り役。内面的な役づくりに長じ〈新演劇の団十郎〉と呼ばれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android