コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高田実 たかだみのる

8件 の用語解説(高田実の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高田実
たかだみのる

[生]明治4(1871).3.19. 東京
[没]1916.9.24. 京都
新派俳優。 1891年川上音二郎一座で初舞台。 94年1月『意外』『又意外』『又々意外』で,また同年8月『日清戦争』の李鴻章で好評を得た。のち関西新派,東京本郷座などで活躍。「新派の団十郎」と称され,腹芸的な演技を得意とした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たかた‐みのる【高田実】

[1871~1916]新派俳優。東京の生まれ。川上音二郎一座に入り、のち河合武雄喜多村緑郎井上正夫らと新派全盛時代を生み出し、「新派の団十郎」といわれた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

高田実【たかたみのる】

新派俳優。東京生れ。鉄道駅員から新派俳優となり,川上音二郎一座に加わって《日清戦争》の李鴻章(りこうしょう)役で好評を得た。1896年大阪で喜多村緑郎らと成美団を結成,関西新派の頭目となるが,1904年帰京し,本郷座で新派全盛時代を現出。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高田実 たかた-みのる

1871-1916 明治-大正時代の舞台俳優。
明治4年3月19日生まれ。川上音二郎一座で初舞台をふみ,「日清(にっしん)戦争」の李鴻章役で人気をえる。明治29年大阪で喜多村緑郎らと成美団を結成。のち帰京して本郷座座長となり,新派全盛期の本郷座時代をきずいた。新派の団十郎といわれる。大正5年9月24日死去。46歳。東京出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

高田実

没年:大正5.9.24(1916)
生年:明治4.3.19(1871.5.8)
明治大正期の新派俳優。東京生まれ。鉄道会社員から明治25(1892)年劇界に入った。川上音二郎一座の「日清戦争」(1894)で李鴻章に扮したのが出世役となる。29年大阪で成美団を結成,写実芸の開拓に尽力し,34年には評論「自然主義新演劇を唱ふ」を発表,関西新派の中心俳優として活躍した。のち帰京して本郷座の座頭俳優となり,新派劇全盛時代を招来した。当たり役に「金色夜叉」の荒尾譲介,「己が罪」の作兵衛,「琵琶歌」の三蔵など。内面的な演技表現が巧みで「新演劇の団十郎」と呼ばれた。<参考文献>柳永二郎「高田実研究」(『新派の六十年』)

(藤木宏幸)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たかたみのる【高田実】

1871‐1916(明治4‐大正5)
新派俳優。東京千住の生れ。初め鉄道会社に勤めていたが,辞職して1892年に初舞台をふみ,山口定雄一座から川上音二郎の一座に転じ,《日清戦争》の李鴻章(りこうしよう)役が出世役となる。96年大阪で喜多村緑郎らと成美団を結成,関西新派の頭目として活躍した。のち帰京して本郷座の座頭俳優となり,新派全盛のいわゆる本郷座時代を樹立した。《金色夜叉》の荒尾譲介,《己が罪》の作兵衛,《琵琶歌》の三蔵が当り役。内面的な役づくりに長じ〈新演劇の団十郎〉と呼ばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たかたみのる【高田実】

1871~1916) 俳優。東京生まれ。川上音二郎一座を経て大阪で関西新派の頭目となる。1904年(明治37)東京に帰り新派劇の演技を確立、本郷座時代と呼ぶ全盛期を築き上げた。「不如帰」「金色夜叉」「己が罪」などの諸役が当たり芸。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高田実
たかたみのる
(1871―1916)

新派俳優。東京に生まれる。1891年(明治24)川上音二郎一座で初舞台を踏み、94年浅草座の『日清(にっしん)戦争』で、川上の伊藤博文(ひろぶみ)に対し、李鴻章(りこうしょう)を演じて好評を博した。96年9月、喜多村緑郎(ろくろう)らと「成美団(せいびだん)」を組織し、角(かど)座、朝日座で関西新派の頭目として活躍。1904年(明治37)東京に帰り、本郷座の座長として重厚な演技をもって、本郷座時代といわれる新派全盛期をつくった。当り役は『金色夜叉(こんじきやしゃ)』の荒尾譲介、『不如帰(ほととぎす)』の片岡中将、『己(おの)が罪』の作兵衛、『琵琶(びわ)歌』の三蔵など。[菊池 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高田実の関連キーワード英太郎藤沢浅二郎井伊蓉峯伊井蓉峰河原市松木村猛夫柴田善太郎花柳喜章深沢恒造増田礼作

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高田実の関連情報