コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜多村緑郎 きたむら ろくろう

8件 の用語解説(喜多村緑郎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

喜多村緑郎

新派俳優。女形。東京生。名は六郎。日本橋の薬種商の子として生まれ、商業見習に出されたが、素人芝居から俳優の道に入る。道頓堀角座を本拠に「成美団」を結成、のち東京でも活躍し、伊井蓉峰河合武雄と新派三頭目時代をつくる。人間国宝。昭和36年(1961)歿、89才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きたむら‐ろくろう〔‐ロクラウ〕【喜多村緑郎】

[1871~1961]新派俳優。東京の生まれ。本名、六郎。明治29年(1896)高田実らと成美団を結成。新派の写実的演技術の確立に努め、女形として活躍。主な舞台に「侠艶録」「滝の白糸」「婦系図」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

喜多村緑郎【きたむらろくろう】

新派俳優。本名六郎。東京生れ。伊井蓉峰のすすめで新派に入り,1896年大阪で成美団を結成して写実的な演技術の創造に励む。1906年東京に帰り,《侠艶録》の力枝で新派女方としての地位を固めた。
→関連項目婦系図高田実花柳章太郎真山青果

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜多村緑郎 きたむら-ろくろう

1871-1961 明治-昭和時代の舞台俳優。
明治4年7月23日生まれ。29年大阪で高田実らと成美団を結成。39年から東京の本郷座にうつり,「滝の白糸」「婦(おんな)系図」などで女方を演じて新派の写実芸を完成し,花柳(はなやぎ)章太郎らの後継者をそだてた。昭和23年芸術院会員,30年文化功労者,人間国宝。昭和36年5月16日死去。89歳。東京出身。本名は六郎。著作に「芸道礼讃」「喜多村緑郎日記」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

きたむらろくろう【喜多村緑郎】

1871‐1961(明治4‐昭和36)
新派俳優。本名六郎。東京に生まれた。素人芝居で知り合った伊井蓉峰にすすめられ,青柳捨三郎一座に参加,4年目に大阪で高田実らと成美団という名の一座を結成,写実的な芸風で,女形として河合武雄と対照的だったが,立役(たちやく)(男役)にもすぐれた役がある。新派の古典といわれる《不如帰(ほととぎす)》の浪子を初演,《婦系図(おんなけいず)》のお蔦,《日本橋》のお孝,《滝の白糸》などの女主人公の演技を完成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きたむらろくろう【喜多村緑郎】

1871~1961) 新派俳優。東京生まれ。本名、六郎。草創期の新派劇に写実的演技を確立し、女形に名演技を見せた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

喜多村緑郎
きたむらろくろう

[生]明治4(1871).7.23. 東京
[没]1961.5.16. 東京
新派俳優。本名六郎。鶯亭金升に師事し,その雑俳仲間としろうと芝居をしたのが機となり,新派俳優を志した。諸座を転々としたのち,1896年9月,高田実らの大阪角座における成美団旗揚げに参加。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

喜多村緑郎
きたむらろくろう
(1871―1961)

新派俳優。本名六郎。東京・日本橋の生まれ。青年時代雑俳に凝り鶯亭金升(おうていきんしょう)に師事。1892年(明治25)伊井蓉峰(ようほう)の勧めで青柳捨三郎一座に加わり新派に入る。96年大阪の角座(かどざ)を本拠に高田実、秋月桂太郎、小織(さおり)桂一郎らと「成美団(せいびだん)」を結成し、これまでの壮士芝居の粗雑な演技からリアリズム劇術の創造を目ざした。1906年(明治39)帰京して本郷座に拠(よ)り、『侠艶録(きょうえんろく)』の高評で地位を固め、亭々生(真山青果(まやませいか))の新作や泉鏡花の『滝の白糸』『婦系図(おんなけいず)』『白鷺(しらさぎ)』『日本橋』などを演じて鏡花役者とよばれた。大正期以降は伊井・河合(武雄(たけお))とともに三頭目といわれ、新派女方(おんながた)芸を完成、また花柳(はなやぎ)章太郎らの後継者を育成した。48年(昭和23)芸術院会員、55年重要無形文化財保持者に認定されるとともに文化功労者となり、同年『婦系図・湯島境内』の2000回上演記念公演を行った。80歳を超えた晩年まで舞台を勤め、著書に『芸道礼讃(らいさん)』『わが芸談』『喜多村緑郎日記』がある。[菊池 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

喜多村緑郎の関連キーワード村田嘉久子吉田謙吉穴沢喜美男石河薫金井由太郎小森敏遠山静雄林悌三藤間房子不二洋子

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

喜多村緑郎の関連情報