コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戒飭 カイショク

デジタル大辞泉の解説

かい‐しょく【戒×飭】

かいちょく(戒飭)」の誤読。

かい‐ちょく【戒×飭】

[名](スル)人に注意を与えて慎ませること。また、自分から気をつけて慎むこと。「戒飭処分」
「諄々(じゅんじゅん)として党員を―したが」〈嶺雲明治叛臣伝
[補説]「かいしょく」と読むのは誤り。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かいしょく【戒飭】

「かいちょく(戒飭)」の誤読。

かいちょく【戒飭】

( 名 ) スル
人をいましめること。注意を与えて、慎ませること。また、自らいましめ慎むこと。 「 -処分」 「上中流の男子を第一に-し/一隅より 晶子

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報