コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

或る「小倉日記」伝

2件 の用語解説(或る「小倉日記」伝の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

或る「小倉日記」伝

松本清張の短編小説。1952年発表。同年、第28回芥川賞受賞。森鴎外の日記『小倉日記』の行方を調査する主人公とその母を描く。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

或る「小倉日記」伝
あるこくらにっきでん

松本清張の短編小説。『三田文学』1952年(昭和27)9月号に掲載。1958年12月、角川書店刊の同名の短編集に収録。無名廃疾の青年田上(たのうえ)耕作が、散逸したと信じられていた森鴎外(おうがい)の『小倉日記』のかわりに、小倉時代の鴎外の行跡を調査していくが、志なかばにして病死する。しかも、その死後2か月を経てから鴎外自筆の『小倉日記』が発見される。清張は才能がありながら運命に翻弄(ほんろう)され、不遇のうちに恨みを呑(の)み、敗れさる人間の怨念と慟哭(どうこく)を自己の心象と相乗させて描出している。第28回芥川(あくたがわ)賞受賞。[山崎一穎]
『『或る「小倉日記」伝』(新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

或る「小倉日記」伝の関連キーワード喪神愛のきずな影なき声影の車危険な女黒の奔流彩霧空の城地の骨地の指

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

或る「小倉日記」伝の関連情報