コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

或る「小倉日記」伝

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

或る「小倉日記」伝
あるこくらにっきでん

松本清張の短編小説。『三田文学』1952年(昭和27)9月号に掲載。1958年12月、角川書店刊の同名の短編集に収録。無名廃疾の青年田上(たのうえ)耕作が、散逸したと信じられていた森鴎外(おうがい)の『小倉日記』のかわりに、小倉時代の鴎外の行跡を調査していくが、志なかばにして病死する。しかも、その死後2か月を経てから鴎外自筆の『小倉日記』が発見される。清張は才能がありながら運命に翻弄(ほんろう)され、不遇のうちに恨みを呑(の)み、敗れさる人間の怨念と慟哭(どうこく)を自己の心象と相乗させて描出している。第28回芥川(あくたがわ)賞受賞。[山崎一穎]
『『或る「小倉日記」伝』(新潮文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

或る「小倉日記」伝の関連キーワード北澤知奈美松本 清張柳生啓介

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android