コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心象 シンショウ

デジタル大辞泉の解説

しん‐しょう〔‐シヤウ〕【心象】

心の中に描き出される姿・形。心に浮かぶ像。イメージ。「心象風景」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しんしょう【心象】

〘心〙 見たり聞いたりしたことが基になり、意識の中に現れてくる像や姿。イメージ。心像。 「 -風景」 〔同音語の「心証」は他人の言動から受ける印象のことであるが、それに対して「心象」は自ら経験した感覚や印象によって心の中に現れてくる像・イメージをいう〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

心象の関連キーワードメンデルスゾーン:無言歌集 第3巻/piano soloメンデルスゾーン:無言歌集 第2巻/piano soloメンデルスゾーン:無言歌集 第4巻/piano soloメンデルスゾーン:無言歌集 第5巻/piano soloメンデルスゾーン:無言歌集 第7巻/piano soloメンデルスゾーン:無言歌集 第6巻/piano soloメンデルスゾーン:無言歌集 第1巻/piano soloメンデルスゾーン:無言歌集 第8巻/piano soloimage maker田園の憂鬱・田園の憂欝Rheinischeオスワルド キュルペバンデルポストビスコンティイーハトーブファンタシア梶井基次郎大山 敏子意識の流れ松岡 貞総

心象の関連情報