心象(読み)シンショウ

  • しんしょう ‥シャウ
  • しんしょう〔シヤウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 想像力の働きによって心に描く具体的な情景。
※獺祭書屋俳話(1892)〈正岡子規〉新題目「例へば蒸気機関なる語を見て我們が起す所の心象は如何」
※竹沢先生と云ふ人(1924‐25)〈長与善郎〉竹沢先生の散歩「ふと先刻の聖書が自分の記憶心象にうかんで来た」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

心象の関連情報