コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戦争被害補償 センソウヒガイホショウ

2件 の用語解説(戦争被害補償の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せんそうひがい‐ほしょう〔センサウヒガイホシヤウ〕【戦争被害補償】

戦争で被害を受けた人に対する国家補償。日本では、遺族援護法に基づいて軍人・軍属とその遺族に対して一時金・給付金などが支給されるが、民間の戦争被害者に対しては、引揚者や原爆被爆者を除いて、戦争被害補償を行わず、社会保障によって救済している。欧米諸国では軍人・民間人および国籍の区別なく戦争被害補償を行うのが一般的。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

戦争被害補償

敗戦までは軍人への年金である軍人恩給や民間被災者を扶助する戦時災害保護法などがあったが、占領期に非軍国主義化などの方針で廃止された。政府は独立した52年に戦傷病者戦没者遺族等援護法を制定、翌年軍人恩給を復活させた。旧軍の階級に応じて年間百数十万~800万円以上、戦死者らの遺族にも平均300万~400万円支給されているが、空襲被災者への援護は全くない。この点が欧米と大きく異なる。

(2009-12-12 朝日新聞 朝刊 東京都心 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

戦争被害補償の関連キーワード恩給軍人恩給軍人勅諭軍人有期年金一時恩給賑恤金恩給と共済年金戦争被害に対する補償・援護柴山兼四郎

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

戦争被害補償の関連情報