コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戦略的研究拠点育成プログラム

1件 の用語解説(戦略的研究拠点育成プログラムの意味・用語解説を検索)

産学連携キーワード辞典の解説

戦略的研究拠点育成プログラム

「戦略的研究拠点育成プログラム」とは、組織の長の優れた構想とリーダーシップにより、研究開発機関の組織運営改革や国際的に魅力ある研究拠点の創出を図るもの。『優れた成果の創出・活用のための科学技術システム改革』に係る科学技術振興調整費活用の考え方として示されたプログラムのひとつである。「戦略的研究拠点育成プログラム」の対象機関は、大学及び国立試験研究機関等(研究開発を行う独立行政法人を含む)における一定規模の学部、及び研究所等の組織である。ただし、これらの組織の構造・規模等が戦略的組織の単位として不適切な場合は、より小さな規模の組織を「組織の長の権限に基づく組織運営改革が実質的に可能な範囲」において対象とする。組織の選定は、自然科学全般並びに自然科学と人文・社会科学との融合領域を対象に公募で行われる

出典|(株)アヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

戦略的研究拠点育成プログラムの関連キーワードサービスプログラムジェネレーターソースプログラムブランド化プログラムプログラム制御プログラム売買再帰プログラムプログラムソースプログラムライブラリー成果育成プログラム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone