コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸出 といで

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戸出
といで

富山県北西部,高岡市南部にある地区。旧町名。砺波平野のほぼ中央部,庄川扇状地の末端近くに位置する。元和3 (1617) 年藩から町立てを許されて以来,市場町,年貢米集散地,砺波平野特産の麻布の産地として発展してきた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

戸出
といで

富山県西部、高岡市の一地区。旧戸出町。近世初期に開拓された地で、六斎市(ろくさいいち)の立つ市場町、また北陸街道の宿駅として発達した。加賀藩の収納御蔵が置かれ、年貢米の集散が行われた。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

戸出の関連キーワード高岡市総合斎場建設問題松井源水(13代)富山県高岡市戸出町志賀山せい(4代)鶴賀鶴吉(4代)紀伊国屋文左衛門石黒政常(3代)荒五郎茂兵衛高岡法科大学養老滝五郎花廼屋光枝お利尾の方お瑠璃の方笹の家呑次お波奈の方梶川彦兵衛平田三之助芹谷野用水鹿児じもの浦井鍠一郎

戸出の関連情報