コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六斎市 ろくさいいち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六斎市
ろくさいいち

室町~江戸時代,月6回開かれた定期市商品経済の発展に伴って,鎌倉時代中期頃から全国的に月3回の日切 (日ぎめの定期市) である三斎市が,月6回の定期市に発展。開催日が上・中・下旬に各2回 (1ヵ月6回) であったところから六斎市といわれた。応仁3 (1469) 年3月に出現した美濃大矢田郷市,文明1 (69) 年 12月の山城宇治郷市の例が最も早く,室町時代中期以降各地で開催された。戦国時代には大名領国内の新町,新宿建設の際しばしば開かれ,江戸時代にも関東,東北の農村に長く存続した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ろくさい‐いち【六斎市】

中世から近世にかけて、1か月に6回開かれた定期市。月に3回の三斎市が発展したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

六斎市【ろくさいいち】

室町時代から江戸時代中期,各地で月6回開かれた定期市。商業の発展につれて,月3回の三斎市は,月6回の市に発展した。市日は,1・6,11・16,21・26などといった一定の組合せで開かれた。
→関連項目高萩新宿定期市

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ろくさいいち【六斎市】

中世から近世にかけて月のうち6回開かれた定期市。六斎とは仏教上の用語で月6日の戒を持して身をつつしむべき日のことで,六斎市も当初はこの六斎日にちなんで開かれたので,このようによばれたものであろう。しかし南北朝時代以降になると,それとは関係なく,もっぱら各地の経済的必要にもとづいて特定の日に開かれるようになった。市開催日も1と6,2と7,3と8,4と9,5と10といった組合せで,旬日に2日,月に6日開かれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ろくさいいち【六斎市】

毎月六回開催された定期市場。一四世紀以降、商品経済の地方への浸透に伴って各地に設けられた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

六斎市
ろくさいいち

中世・近世において月のうち6回開かれた定期市。六斎市の呼称は当初仏教関係行事と関連して市が開かれたことに由来するものと考えられるが、のちには交換経済の発達、戦国大名の市振興政策などに基づいて開かれるようになった。市開催日は、1と6、2と7、3と8といった組合せで、月に6回開かれた。史料上では南北朝初期と推定される常陸(ひたち)国国府(こくふ)(茨城県石岡市)六斎市、室町時代の応仁(おうにん)・文明(ぶんめい)年間(1467~87)の美濃(みの)国大屋田(おおやだ)(岐阜県美濃市)の紙市(かみいち)、山城(やましろ)国宇治郷(うじごう)(京都府宇治市)市が早い例で、戦国時代には諸大名の城下町や新宿(しんじゅく)の建設、市町(いちまち)振興などの目的で、多くの六斎市が開かれ、保護された。江戸時代には畿内(きない)・西国地方では地方城下町や在郷(ざいごう)町に交換機能を奪われて衰退したが、東国地方では農村商業の中心として存続したものもみられる。[佐々木銀弥]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の六斎市の言及

【市】より

… しかも鎌倉期の市場は,《一遍聖絵》において,市日のにぎやかな備前国福岡市と,その他の日の荒涼とした信濃国伴野市が描きわけられているように明暗がはっきりわかれていたが,この時期には,〈常住〉といわれるような定住店舗化したものも多く,それが市と併存している。市の開催日も六斎市と言われるような5日ごとの市が多くなる。美濃大矢田市や宇治の六斎市が著名である。…

【定期市】より

…中世の後期,市の数がふえてくると,各地域では中心的な市である親市の開催日を基準にして,他の市の開催日が決定されるようになった。また地方の中心的な市のなかには2・4・12・14・22・24といった月に6日も開かれるいわゆる六斎市(ろくさいいち)も出現した。奈良や山口のような都市でも,市は特定の日に開かれていた。…

※「六斎市」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

六斎市の関連キーワード原町(群馬県)会津坂下[町]会津高田[町]小布施[町]小牛田[町]東松山[市]鳩ヶ谷[市]大宇陀[町]高清水[町]六日町[町]水海道[市]春日部[市]村田[町]見附[市]川俣[町]深谷[市]北方[町]亀田[町]川島[町]一宮[町]

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android