コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北陸街道 ほくりくかいどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北陸街道
ほくりくかいどう

別称北国街道。滋賀県琵琶湖の北東岸を北上して越前 (福井県) に抜ける太平洋側と日本海側を結ぶ主要街道。彦根市鳥居本中山道から分岐して,米原,長浜,木之本柳ケ瀬,椿坂峠 (497m) ,中河内栃ノ木峠 (537m) を経て越前に入り,北陸道武生,福井,大聖寺,金沢,倶利伽羅 (くりから) 峠 (277m) ,高岡,富山,直江津を通過して新潟に達する。現在の国道8号線とほぼ一致する。中世以前は琵琶湖西岸の西近江路を通り,大津から敦賀を経て,越前に入ったが,近世以降琵琶湖東岸を通るようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほくりく‐かいどう〔‐カイダウ〕【北陸街道】

中山道(なかせんどう)関ヶ原または鳥居本から分かれて琵琶湖東岸を北上、栃ノ木峠を越え、鯖江福井を通り、大聖寺小松金沢を通り高岡富山から海岸沿いに親不知(おやしらず)難所を越えて直江津柏崎を経て新潟に至る約500キロの街道。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほくりくかいどう【北陸街道】

中山道を鳥居本あるいは関ヶ原で分かれ、琵琶湖東岸を北上し、福井・金沢・富山を経て新潟に至る道。北国街道。北国路。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の北陸街道の言及

【越前国】より

…そのほか福井藩五箇(ごか)の奉書や鳥の子紙,福井城下の絹織物,府中の打刃物,鯖江藩の漆器と漆搔き,大野藩の面谷(おもだに)銅山,勝山藩のタバコなどが著名。交通は,陸上で北陸街道(北国路)が北進し,近江国境の栃ノ木峠を越えた板取駅から加賀国境の細呂木(ほそろぎ)駅まで15駅置かれたほか,西街道,美濃街道などが通った。海上では三国,敦賀が古くから港町として栄え,また九頭竜,日野川の川舟も三国と結んで発達した。…

※「北陸街道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

北陸街道の関連キーワード倶利伽羅峠・俱利伽羅峠富山県下新川郡朝日町富山県小矢部市石動町富山県小矢部市小矢部[市]泊(富山県)糸魚川[市]小松[市]名立[町]倶利伽羅峠今庄[町]柏崎[市]入善[町]敦賀[市]青海[町]石川[県]朝日[町]福岡[町]寺泊[町]丸岡[町]

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北陸街道の関連情報