コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸切地陣屋 へきりちじんや

1件 の用語解説(戸切地陣屋の意味・用語解説を検索)

日本の城がわかる事典の解説

へきりちじんや【戸切地陣屋】

北海道北斗(ほくと)市に残る江戸時代末期の陣屋跡。国指定史跡。1854年(安政1)10月の日米和親条約締結後、江戸幕府は蝦夷地防衛の強化のため、津軽・南部・仙台・秋田・松前の五藩に分担警備を命じた。これに伴い、松前藩が担当区域警固の拠点として築いた陣屋である。蘭学の築城書を参考につくられた四稜堡で、22棟の宿舎などの建物があり、6門の大砲を備えていた。松前藩は藩士をここに住まわせ、警固・守備のかたわら付近の開拓に当たらせたという。1868年(明治1)、榎本武揚(えのもとたけあき)率いる旧幕府軍が北海道に上陸、陣屋の守備兵はこれを迎撃したが敗れ、陣屋を焼き払い松前及び箱館に敗走した。その後、函館の呉服商の岩船峯次郎が日露戦争の勝利を記念して、表御門跡から陣屋登り口までの道に桜の木を植樹したことで、桜の名所として知られるようになった。陣屋の保存状態も良好で、当時の国際・国内情勢を知るよい手がかりとなっている。JR江差線清川口駅からタクシー約10分。JR函館本線函館駅からタクシー約30分。函館-江差自動車道北斗中央ICから道道96号線を北上、約3分。◇穴平陣屋、松前陣屋、清川陣屋など、さまざまな呼称で呼ばれてきたが、1965年(昭和40)に国指定史跡となった際に「松前藩戸切地陣屋跡」に名称統一された。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

戸切地陣屋の関連キーワード北斗曼荼羅北斗市泰山北斗道北冬北斗北斗星ホクトくん違星北斗北斗庵一樹(初代)北斗庵一樹(2代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

戸切地陣屋の関連情報