コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸村義国 とむら よしくに

1件 の用語解説(戸村義国の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

戸村義国 とむら-よしくに

1591-1671* 江戸時代前期の武士。
天正(てんしょう)19年生まれ。出羽(でわ)久保田藩(秋田県)佐竹家の一族。大坂冬の陣佐竹義宣(よしのぶ)にしたがい,大坂方の将矢野正倫(まさとも)をうちとった功で,徳川秀忠より褒美をもらった。2代藩主佐竹義隆(よしたか)の執政をつとめる。寛文10年12月死去。80歳。通称は十太夫。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

戸村義国の関連キーワード雨宮正種生駒利勝石井半蔵神尾元勝楠不伝死人小左衛門神宮司五兵衛多賀左近寺沢友斎寺村山川