戸田藤谷(読み)とだ とうこく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

戸田藤谷 とだ-とうこく

1837-1887ごろ 明治時代の行政家。
天保(てんぽう)8年生まれ。備中(びっちゅう)西江原(岡山県井原市)の人。戸長,小学校長,県会議員などをつとめる。明治のはじめに議事規則をさだめ,勧善会という村会を岡山県下ではじめてつくる。生家で製造する弁柄(ベンガラ)に工夫をくわえ,内外博覧会に出品して好評を博した。明治20年ごろ死去。51歳?

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android