コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸田藤谷 とだ とうこく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

戸田藤谷 とだ-とうこく

1837-1887ごろ 明治時代の行政家。
天保(てんぽう)8年生まれ。備中(びっちゅう)西江原(岡山県井原市)の人。戸長,小学校長,県会議員などをつとめる。明治のはじめに議事規則をさだめ,勧善会という村会を岡山県下ではじめてつくる。生家で製造する弁柄(ベンガラ)に工夫をくわえ,内外博覧会に出品して好評を博した。明治20年ごろ死去。51歳?

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

戸田藤谷の関連キーワードせっけん光の科学史おもなお雇い外国人日本科学史(年表)東京芸術大学120周年国民之友雑誌ピッツバーグ・パイレーツ[各個指定]芸能部門マン

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android