コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シン

デジタル大辞泉の解説

しん【身】[漢字項目]

[音]シン(呉)(漢) [訓] みずから
学習漢字]3年
〈シン〉
人のからだ。「身体身長護身焼身心身全身長身病身満身裸身
自分。わがみ。「献身自身修身
社会的な地位や立場。みぶん。「身上(しんじょう・しんしょう)身代出身前身独身保身立身
なかみ。物の本体。「銃身刀身
〈み〉「身軽身銭身近身分親身(しんみ)総身(そうみ)中身
[名のり]これ・ただ・ちか・のぶ・みる・む・もと・よし
[難読]文身(いれずみ)随身(ずいじん)正身(そうじみ)

み【身】

《「」と同語源》
[名]
生きている人間のからだ。身体。「茂みにを隠す」「装飾品をにつける」
わが身。自分自身。「を犠牲にする」「だまっている方がのためだぞ」「の危険を感じる」
自分が何かをやろうとする心。誠心。「勉強にが入らない」
地位。身分。立場。「のほどをわきまえる」「家族を扶養する」「他人のになって考える」
皮や骨に対し、食べられる部分。肉。「魚のをむしる」「の小さな蛤(はまぐり)」
容器の、ふたに対して物を入れる部分。また、ふた付きの鏡などで、ふたに対して、本体のほう。
衣服の衽(おくみ)などを除き、胴体を覆う部分。身頃(みごろ)。
刀の、鞘(さや)に収まっている刃の部分。刀身。
木の、皮に包まれた部分。
10 身ぶり。
「少し案じる―ありてうなづき」〈咄・鹿の子餅
[代]
一人称の人代名詞。わたし。それがし。中世・近世で用いられた上品でやや尊大な言い方。
「―が申すやうは」〈伽・三人法師
二人称の人代名詞。「お」「おん」に続けて用いられる。→御身(おみ・おんみ)
[下接語]赤身当たり身当て身脂身新(あら)身生き身・入り身・浮き身憂き身受け身後ろ身打ち身現(うつ)し身上(うわ)身大身御(お)身御(おん)身影身片身肩身空(から)身変わり身黄身切り身黒身笹(ささ)身刺し身差し身下身死に身白身親身(しんみ)剝(す)き身捨て身擂(す)り身総身反り身立ち身作り身中身長身生(なま)身抜き身裸(はだか)身肌身半身一つ身人身独り身不死身古身細身骨身本身前身三つ身剝(む)き身四つ身寄り身我が身

む【身】

身(み)」の古形。「身代わり」「身ざね」など、複合語として用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

み【身】

( 名 )
〔「み(実)」と同源〕
生きている人のからだ、またその主体としての自分。
身体。からだ。 「 -をよじって笑う」
我が身。自分自身。 「信仰に-をささげる」 「危険が-に迫る」 「 -を切られるようにつらい」 「 -が引き締まる思い」 「 -みづから煙草をつめて/当世書生気質 逍遥
社会的存在としての自分のありようをいう語。
地位。身分。分際。 「流浪の-となる」 「 -のほどを知れ」
立場。 「私の-にもなって下さい」
身持ち。 「 -が修まらない」
あるものの本体部分。付属部分や表面部分に対していう。
(皮・骨に対して)肉。 「 -だけ食べる」 「白-の魚」
ふたのある器物で物を入れる本体の部分。 「 -とふたとが合わない」
(鞘さやや柄に対して)刀や鋸のこぎりの、刃を持つ金属部分。 「 -が鞘に入らない」
木の皮の下の、材の部分。
衣服の袖・襟などを除いた、胴体をおおう部分。
( 代 )
一人称。男子がやや優越感をもって自分をさしていう。中世・近世の語。 「 -が家は三条東洞院に有りしなり/正徹物語」
(接頭語「お」「おん」を冠して、「おみ」「おんみ」の形で)二人称。相手をさしていう。 → おみ(代)おんみ(代)
[句項目] 身が軽い 身が入る 身が持たない 身から出た錆 身に余る 身に覚えがある 身に沁みる 身に過ぎる 身に付く 身に着ける 身につまされる 身になる 身の置き所がない 身の振り方 身は身で通る 身二つになる 身も蓋もない 身も細る 身も世もあらず 身も世もない 身を誤る 身を入れる 身を売る 身を起こす 身を落とす 身を躍らせる 身を隠す 身を固める 身を切る 身を砕く 身を削る 身を焦がす 身を粉にする 身を殺して以て仁を成す 身を沈める 身を持する 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ 身を捨てる 身を立てる 身を尽くす 身を挺する 身を投じる 身を投げる 身を引く 身を潜める 身を任せる 身を持ち崩す 身を以て 身を焼く 身を窶す 身を寄せる

む【身】

「み(身)」の古形。「むかわり」「むくろ」など複合した形でみられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

身の関連キーワード雀百まで踊り忘れず引き時・引時三枚下ろし囚われの身芸は身の仇本地身説法脛に疵持つ身の熟し変成男子身を以て法身説法人代名詞流れの身三仏菩提節取り三仏土ドッジ身綺麗節卸し守り刀

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

身の関連情報