(読み)シン

デジタル大辞泉の解説

しん【身】[漢字項目]

[音]シン(呉)(漢) [訓] みずから
学習漢字]3年
〈シン〉
人のからだ。「身体身長護身焼身心身全身長身病身満身裸身
自分。わがみ。「献身自身修身
社会的な地位や立場。みぶん。「身上(しんじょう・しんしょう)身代出身前身独身保身立身
なかみ。物の本体。「銃身刀身
〈み〉「身軽身銭身近身分親身(しんみ)総身(そうみ)中身
[名のり]これ・ただ・ちか・のぶ・みる・む・もと・よし
[難読]文身(いれずみ)随身(ずいじん)正身(そうじみ)

み【身】

《「」と同語源》
[名]
生きている人間のからだ。身体。「茂みにを隠す」「装飾品をにつける」
わが身。自分自身。「を犠牲にする」「だまっている方がのためだぞ」「の危険を感じる」
自分が何かをやろうとする心。誠心。「勉強にが入らない」
地位。身分。立場。「のほどをわきまえる」「家族を扶養する」「他人のになって考える」
皮や骨に対し、食べられる部分。肉。「魚のをむしる」「の小さな蛤(はまぐり)」
容器の、ふたに対して物を入れる部分。また、ふた付きの鏡などで、ふたに対して、本体のほう。
衣服の衽(おくみ)などを除き、胴体を覆う部分。身頃(みごろ)。
刀の、鞘(さや)に収まっている刃の部分。刀身。
木の、皮に包まれた部分。
10 身ぶり。
「少し案じる―ありてうなづき」〈咄・鹿の子餅
[代]
一人称の人代名詞。わたし。それがし。中世・近世で用いられた上品でやや尊大な言い方。
「―が申すやうは」〈伽・三人法師
二人称の人代名詞。「お」「おん」に続けて用いられる。→御身(おみ・おんみ)
[下接語]赤身当たり身当て身脂身新(あら)身生き身・入り身・浮き身憂き身受け身後ろ身打ち身現(うつ)し身上(うわ)身大身御(お)身御(おん)身影身片身肩身空(から)身変わり身黄身切り身黒身笹(ささ)身刺し身差し身下身死に身白身親身(しんみ)剝(す)き身捨て身擂(す)り身総身反り身立ち身作り身中身長身生(なま)身抜き身裸(はだか)身肌身半身一つ身人身独り身不死身古身細身骨身本身前身三つ身剝(む)き身四つ身寄り身我が身

む【身】

身(み)」の古形。「身代わり」「身ざね」など、複合語として用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

み【身】

( 名 )
〔「み(実)」と同源〕
生きている人のからだ、またその主体としての自分。
身体。からだ。 「 -をよじって笑う」
我が身。自分自身。 「信仰に-をささげる」 「危険が-に迫る」 「 -を切られるようにつらい」 「 -が引き締まる思い」 「 -みづから煙草をつめて/当世書生気質 逍遥
社会的存在としての自分のありようをいう語。
地位。身分。分際。 「流浪の-となる」 「 -のほどを知れ」
立場。 「私の-にもなって下さい」
身持ち。 「 -が修まらない」
あるものの本体部分。付属部分や表面部分に対していう。
(皮・骨に対して)肉。 「 -だけ食べる」 「白-の魚」
ふたのある器物で物を入れる本体の部分。 「 -とふたとが合わない」
(鞘さやや柄に対して)刀や鋸のこぎりの、刃を持つ金属部分。 「 -が鞘に入らない」
木の皮の下の、材の部分。
衣服の袖・襟などを除いた、胴体をおおう部分。
( 代 )
一人称。男子がやや優越感をもって自分をさしていう。中世・近世の語。 「 -が家は三条東洞院に有りしなり/正徹物語」
(接頭語「お」「おん」を冠して、「おみ」「おんみ」の形で)二人称。相手をさしていう。 → おみ(代)おんみ(代)
[句項目] 身が軽い 身が入る 身が持たない 身から出た錆 身に余る 身に覚えがある 身に沁みる 身に過ぎる 身に付く 身に着ける 身につまされる 身になる 身の置き所がない 身の振り方 身は身で通る 身二つになる 身も蓋もない 身も細る 身も世もあらず 身も世もない 身を誤る 身を入れる 身を売る 身を起こす 身を落とす 身を躍らせる 身を隠す 身を固める 身を切る 身を砕く 身を削る 身を焦がす 身を粉にする 身を殺して以て仁を成す 身を沈める 身を持する 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ 身を捨てる 身を立てる 身を尽くす 身を挺する 身を投じる 身を投げる 身を引く 身を潜める 身を任せる 身を持ち崩す 身を以て 身を焼く 身を窶す 身を寄せる

む【身】

「み(身)」の古形。「むかわり」「むくろ」など複合した形でみられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しん【身】

〘名〙 からだ。身体。み。
正法眼蔵(1231‐53)自証三昧「乃至眼耳鼻舌身意、根・識・塵等もかくのごとし」

み【身】

(「み(実)」と同語源)
[1] 〘名〙
① 人間、または他の動物のからだ。身体。肉体。
※古事記(712)下・歌謡「日下江の 入江の蓮 花蓮 微(ミ)の盛り人 羨しきろかも」
※徒然草(1331頃)一七〇「人と向ひたれば、詞多く、身もくたびれ」
※尋常小学読本(1887)〈文部省〉六「獅子は、〈略〉身の高さ五六尺、長さ一丈余ありて」
② 骨、皮に対して、人間や鳥、獣、魚、貝などの肉をいう。しし。ししむら。
※古今著聞集(1254)二〇「白虫の、みもなくて、やせがれていまだあり」
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)大垣「蛤のふたみにわかれ行秋ぞ」
③ その人のからだの意から転じて、その人自身。自身。特に他人に対して、おのれ自身をいう。
※万葉(8C後)一・五〇「其を取ると さわく御民も 家忘れ 身(み)もたな知らず 鴨じもの 水に浮き居て」
④ その人自身の有様、または位置。その人の立場。身の上。身のさま。
※万葉(8C後)五・九〇三「倭文手纏(しつたまき)数にもあらぬ身(み)にはあれど千年にもがと思ほゆるかも」
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「ヤレお前さんの身になったら嘸(さぞ)母親(おっか)さんに面目があるまいと」
⑤ その人自身が世に占める地位。その人自身の分限、程度。身分。分際。身のほど。
※古今(905‐914)雑体・一〇〇三「身はしもながら ことの葉を あまつそらまで きこえあげ〈壬生忠岑〉」
※浄瑠璃・嫗山姥(1712頃)一「指でもささば天子に弓引朝敵同前、身を知らぬ者や有るべき」
⑥ 命あるからだ。生命。
※延喜十三年亭子院歌合(913)「人恋ふとはかなき死にをわれやせむみのあらばこそ後も逢ひ見め」
※観智院本三宝絵(984)序「身終りて蛇に成りて」
⑦ からだのこなし。身ぶり。恰好(かっこう)。また、声色などと同様に、見せ物としての身振りをもいう。
※咄本・鹿の子餠(1772)炮祿売「酒屋は遠しと少し案(あんじ)る身(ミ)ありてうなづき」
⑧ 自分が何かやろうとする心。誠心。→身が入る②・身を入れる②。
⑨ その人に関係のある者。その人の縁者。身内。また、自分の側に属する人。味方。また、博徒、やくざの用語で、一家の者。
※玉塵抄(1563)一六「幽王の親類をちかづけ身にせいで讒侫のわるいとをいあだになる者を信じてしたしうせらるるを」
※人情本・春色玉襷(1856‐57頃)二「親父も母も幼少(ちいさい)とき死去(なくな)りまして、他に身といふ者は一人もなし」
⑩ 衣服の袖(そで)、襟(えり)、衽(おくみ)を除き、胴体を覆う部分。身丈、身幅の大小により、本身、四つ身、三つ身、一つ身などという。身頃(みごろ)
※随筆・守貞漫稿(1837‐53)一五「此裾には身前後左右四ケ各長一尺並びに左右の衽下二尺許を縹或はうす色にす」
⑪ 容器、外殻、外観などに対してなかみをなすもの。内容。実質。→実(み)④。
※古今(905‐914)仮名序「文屋の康秀は、言葉はたくみにて、そのさま身におはず」
⑫ 刀剣の鞘(さや)の中におさまっている部分。刀身。「抜き身」
※古事記(712)中・歌謡「やつめさす 出雲建が 佩ける太刀 黒葛(つづら)さは巻き さ味(ミ)なしにあはれ」
⑬ 容器の蓋(ふた)に対して、物をいれる側。また、昔の鏡などのように蓋つきの器物で、蓋に対して本体の方。
※枕(10C終)八七「身は投げつとて、蓋のかぎり持て来たりけん法師のやうに」
⑭ 木材で、樹皮の内側にある材の部分。「赤身」「白身」
[2] 〘代名〙
① 自称。中世、近世において、男子がやや優越感をもって、自分をさしていう語。
※漢書列伝竺桃抄(1458‐60)陳勝項籍第一「身はもとのふる知人ぢゃと云ほどに不縛してをいたぞ」
② 対称。接頭語「お」「おん」を伴って、相手をさしていう語。→おみおんみ

む【身】

〘語素〙 名詞「み(身)」に同じ意で、熟語の中で用いられる形。多く名詞の上に付いて使われる。「書紀‐斉明二年」の「田身、山名、此云大務(タム)」など、「身」を「む」にあてたことがわかる。「むくろ」「むかわり」「むざね」など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

身の関連情報