コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸賀崎熊太郎(4代) とがさき くまたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

戸賀崎熊太郎(4代) とがさき-くまたろう

1839-1907 幕末-明治時代の剣術家。
天保(てんぽう)10年2月10日生まれ。戸賀崎熊太郎(3代)の長男。江戸で父に神道無念流をまなび,常陸(ひたち)水戸藩につかえる。明治11年郷里の埼玉県上清久(かみきよく)村(久喜市)にかえり,子弟の指導にあたる。実戦的剣術の衰退をなげき,明治40年4月3日割腹自殺した。69歳。名は芳武。号は尚道軒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

戸賀崎熊太郎(4代)の関連キーワード明治時代天保

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android