コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸隠升麻 トガクシショウマ

デジタル大辞泉の解説

とがくし‐しょうま【戸隠升麻】

メギ科の多年草深山に自生し、高さ約30センチ。茎の先に2枚の葉がつき、葉は複葉。5月ごろ、淡紫色の花を開く。戸隠山で発見された。とがくしそう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とがくししょうま【戸隠升麻】

メギ科の多年草。日本特産で中部地方の林中に生える。高さ約30センチメートル。葉は三出複葉で茎頂に二個対生する。六月頃茎頂の花柄に淡紫色の花を下向きにつける。萼片がくへんは六個、花弁は小さい。戸隠山中で最初に発見された。戸隠草。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

戸隠升麻 (トガクシショウマ)

植物。メギ科の多年草,高山植物,園芸植物。トガクシソウの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

戸隠升麻の関連キーワード中部地方戸隠草林中花弁

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android