コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸隠升麻 トガクシショウマ

デジタル大辞泉の解説

とがくし‐しょうま【戸隠升麻】

メギ科の多年草。深山に自生し、高さ約30センチ。茎の先に2枚の葉がつき、葉は複葉。5月ごろ、淡紫色の花を開く。戸隠山で発見された。とがくしそう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とがくししょうま【戸隠升麻】

メギ科の多年草。日本特産で中部地方の林中に生える。高さ約30センチメートル。葉は三出複葉で茎頂に二個対生する。六月頃茎頂の花柄に淡紫色の花を下向きにつける。萼片がくへんは六個、花弁は小さい。戸隠山中で最初に発見された。戸隠草。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone