戸隠升麻(読み)トガクシショウマ

大辞林 第三版の解説

とがくししょうま【戸隠升麻】

メギ科の多年草。日本特産で中部地方の林中に生える。高さ約30センチメートル。葉は三出複葉で茎頂に二個対生する。六月頃茎頂の花柄に淡紫色の花を下向きにつける。萼片がくへんは六個、花弁は小さい。戸隠山中で最初に発見された。戸隠草。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とがくし‐しょうま【戸隠升麻】

〘名〙 メギ科の多年草。本州中部の深山の林内に生える。高さ三〇~五〇センチメートル。葉は三出複葉で茎頂に二個つく。各小葉は長柄をもち円形または卵円形で縁が浅く二~五裂する。五~六月、二個の葉の間から長い花柄を出し淡紫色の花を二~数個葉の伸長に先立ってつける。花は径二~三センチメートル。萼片は六個。和名は最初の発見地の戸隠山にちなむ。とがくしそうともいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android