戸隠山(読み)とがくしやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長野県北部,長野市北西部にある標高 1904m。凝灰岩質集塊岩からなり,浸食を受けた鋸歯 (きょし) 状の山嶺が,主峰を中心に南北に連なる。平安時代から山岳信仰の対象になった。山頂付近に戸隠神社の奥社と農耕神がまつられ,南東麓の戸隠高原には中社と宝光社を中心とする宗教集落がある。全山がブナサワグルミ森林に覆われ,東側斜面にはミズバショウなど高山植物が豊富。妙高戸隠連山国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

長野県北部にある集塊岩の火山連峰。八方睨(にらみ)(1904m,狭義の戸隠山),西岳のある表山,五地蔵岳,高妻山(最高峰2353m),乙妻山のある裏山に分かれ,表山南東側は傾斜の急な岩場。頂上から北アルプス,八ヶ岳の展望がよく,山麓の戸隠高原は牧場,キャンプ地。古来,修験道(しゅげんどう)の霊地であるとともに,農業神としての信仰もあつく,信仰登山が盛んで戸隠神社があり,中社,宝光社には宗教集落が発達,登山基地をなす。戸隠そばが名物。妙高戸隠連山国立公園に属し,長野市などからバス。
→関連項目長野[市]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

長野県上水内(かみみのち)郡戸隠村にある山。一部は鬼無里(きなさ)村にもまたがる。標高1911m。広義の戸隠山は八方睨(はつぽうにらみ)を主峰とする表山と,北西に一段と高くそびえる高妻山,乙妻山などの裏山を指すが,狭義には表山だけをいう。凝灰岩質集塊岩からなる山体の山容は険しく,東の戸隠村側は奇岩,急の連続する絶壁である。西側は裾花川の源流部をなす深い谷が発達し,一帯はブナの原生林地である。登山道は,すべて東側の戸隠高原からのもので,戸隠の集落から戸隠神社奥社を経て八方睨へ至るルートが一般的である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

長野県北部、長野市戸隠にある山。海抜1904メートル。全山凝灰岩質集塊岩からなり、鋸のこぎり状の崖が連なる。古来、山伏の修験道場。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長野県北部、新潟県境に近い長野市戸隠地区にある山。標高1904メートル。戸隠連峰の主峰で、戸隠山と南西方の西岳(2030メートル)を戸隠連峰の表山といい、戸隠山の北部に連なる五地蔵(ごじぞう)山(1998メートル)、高妻(たかつま)山(2353メートル)、乙妻(おとつま)山(2318メートル)を裏山とよんでいる。凝灰岩質集塊岩からなる戸隠山の山容は東側からみると、絶壁の急崖(きゅうがい)で山稜(さんりょう)は鋸歯(きょし)状をなしている。山岳信仰に発した神仏混交の霊場で、平安時代から山伏の修験場(しゅげんじょう)として知られた。山頂直下南東方に戸隠神社奥社があり、山麓(さんろく)に中社と宝光社がある。戸隠という地名は天岩戸(あめのいわと)伝説にちなみ、戸隠神社の祭神の一つ、天手力男命(あめのたぢからおのみこと)が投げた岩戸がこの地に飛んできたことから生じたといわれる。戸隠山の中心である八方睨(はっぽうにらみ)へは戸隠奥社から約2時間の行程であるが、蟻ノ戸(ありのと)渡り、剣ノ刃渡りなどの難所があって危険を伴う。八方睨からは北アルプスなどの展望がすばらしい。妙高戸隠連山国立公園の一部。[小林寛義]
『戸隠公明院著『霊峰飯綱山戸隠山縁起』(1968・戸隠村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

長野市北部の戸隠連峰の主峰。普通は表山(御山)の八方睨(はっぽうにらみ)をいう。神話の天の岩戸が落ちてできたものと伝えられ、古くから山岳信仰で栄えた戸隠神社がある。標高一九〇四メートル。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

戸隠山の関連情報