コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戻し裏書 もどしうらがき

1件 の用語解説(戻し裏書の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戻し裏書
もどしうらがき

すでに手形 (小切手) 上の債務者になっている振出人,引受人,参加引受人,裏書人,保証人などを被裏書人とする裏書。逆裏書ともいう。この場合には手形上の権利と義務が同一人に帰属し,手形債権が混同によって消滅するはずであるが (民法 520) ,手形における当事者は相互に利害が対立する関係にあるのではなく,また転々流通する手形の性質上,所持人としての地位に個性がなく,形式的に当事者になっているのにすぎないから,混同の法理は適用されないものとしている (手形法 11条3項,77条1項1号,小切手法 14条3項) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

戻し裏書の関連キーワード単名手形手形保証複名手形受戻証券恩恵日支払呈示第三債務者保証債務戻り裏書自己宛小切手

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone