コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

受取証書 ウケトリショウショ

世界大百科事典 第2版の解説

うけとりしょうしょ【受取証書】

債権者が債務の弁済として金銭・有価証券または物品を受領したときに,その証拠として弁済者に交付する文書のこと。弁済者にはその交付を請求する権利がある(民法486条)。受領した物が金銭または有価証券のときには領収書(領収証),物品のときには受取または受取書(受取証)と取引上呼ばれることが多いが,その法律上の性格はいずれも受取証書である。商店から品物を購入したときに発行されるレシートも同様である。受取証書には定式はないが,通常は受領した金額または受領物の内容,それを受領した旨の意思表示,受領日,債権者の名称が記載される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

うけとりしょうしょ【受取証書】

債権者が債務の弁済を受けたことを証明するために、債務者に対して交付する書面。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

受取証書
うけとりしょうしょ

債権者が債務の弁済を受けたことを証明するため債務者に交付する証書。受取書、受取証、領収書、あるいはレシートreceiptなどともよばれる。特別な方式はないが、実際上、日付・目的物・相手方の表示、受領の文言(もんごん)、受取人の署名などが必要とされる。弁済をした者は、弁済を受けた者に対して、弁済と引き換えに受取証書の交付を請求することができる(民法486条)。受取証書は債権消滅の証拠となる。なお、受取証書には収入印紙を貼(は)って債権者が消印することになっているが(印紙税法2条・8条)、これに違反した場合は罰金または科料に処せられるだけで(同法25条1号)、受取証書の証拠力はなくならない。[高橋康之・野澤正充]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

受取証書の関連キーワード戻し裏書書面

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android