コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

所顕し トコロアラワシ

デジタル大辞泉の解説

ところ‐あらわし〔‐あらはし〕【所顕し】

《女の家の所在地を顕す意》平安時代、結婚の成立を披露する宴。男が女のもとに通い始めて数日後に、女の家で婿とその従者をもてなし、舅と婿が対面した。
「四五日ありてぞ御―ありける」〈栄花・ゆふしで〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ところあらわし【所顕し】

平安時代に行われた結婚披露の宴。結婚二、三日から五日後に新婦の家で行われ、酒肴を設けて婿とその従者をもてなした。新婦方の両親・親族はこの時初めて婿と正式に対面し、以後、婿は夫として自由に妻の家に出入りできた。 「忍びてもあらましを、-をさへして、…我も人もゆゆしき恥をとる事/落窪 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

所顕しの関連キーワードあらまし

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android