扇子腹(読み)せんすばら

精選版 日本国語大辞典「扇子腹」の解説

せんす‐ばら【扇子腹】

〘名〙 江戸時代、武士に適用された刑罰の一つ。切腹の作法に従い、短刀のかわりに三方(さんぼう)にのせた扇子を罪人が手にとっておし戴くと同時に首を切り落とす。江戸幕府から上級武士に許された、斬罪よりは名誉ある刑。おうぎばら。
※久夢日記(1806‐07頃)「父子ともに扇腹とて、三方に扇子一方のせて前に置」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android