コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手の物 テノモノ

デジタル大辞泉の解説

て‐の‐もの【手の物】

手にはいったもの。また、手にしているもの。「名器が手の物となる」「手の物を渡す」
自分の自由に扱えるもの。得意とするもの。おてのもの。
我が身の上の事は―と」〈咄・御前男・二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てのもの【手の物】

手に入ったもの。自分のもの。また、手に持っているもの。
慣れて、得意とするもの。おてのもの。 「かけっくらなら、お-だ」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の手の物の言及

【手事】より

…この掛合を含む部分を本来の手事(本手事)として,それに続く部分でいったん終結部に近い気分を示すが,しかし,再び掛合も出てくる部分を,中チラシといい,その後の本当の終結部を本チラシまたは後(のち∥あと)チラシといった。こうした構造の,手事に比重のあるものを手事物,手の物などといい,とくに化政期(1804‐30)以後の京都における作曲で盛んになった。京流手事物,京風手事物などともいう。…

※「手の物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

手の物の関連キーワードちょちょいのちょい失われた時を求めて転ける・倒ける運動の法則ぬきやまフォトン梅垣義明冗談関係佐野歩美御手の物還元剤基質御手出るねたねじ

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android