コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手品節 テジナブシ

大辞林 第三版の解説

てじなぶし【手品節】

古浄瑠璃の一。延宝(1673~1681)から元禄(1688~1704)にかけて手品市左衛門によって語られ盛んとなった。河東節に節が伝えられているという。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

手品節の関連キーワード十寸見河東(1世)十寸見河東