手品節(読み)テジナブシ

大辞林 第三版の解説

てじなぶし【手品節】

古浄瑠璃の一。延宝(1673~1681)から元禄(1688~1704)にかけて手品市左衛門によって語られ盛んとなった。河東節に節が伝えられているという。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てじな‐ぶし【手品節】

〘名〙 浄瑠璃節の一つ。手品市左衛門の語り出したもの。延宝から元祿(一六七三‐一七〇四)頃に栄えたらしい。河東節の祖十寸見(ますみ)河東はその曲風を慕い、その節付に多くこの節を用いたという。〔随筆・我衣(1825)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android