手島季隆(読み)てしま すえたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

手島季隆 てしま-すえたか

1814-1897 江戸後期-明治時代の武士,神職。
文化11年10月16日生まれ。土佐高知藩士。弘化(こうか)元年おこぜ組の事件に連座し,文武調役を免職。安政4年藩主山内豊信(とよしげ)の命で箱館を調査,「探箱録」をあらわす。明治5年鳴無(おとなし)神社祠官となる。明治30年9月4日死去。84歳。通称は八助。号は約軒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

手島季隆 (てしますえたか)

生年月日:1814年10月16日
江戸時代末期;明治時代の土佐藩士
1897年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android