コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手番/手結 テツガイ

デジタル大辞泉の解説

て‐つがい〔‐つがひ〕【手番/手結】

平安時代、騎射(うまゆみ)射礼(じゃらい)賭弓(のりゆみ)などで、射手を一人ずつ組み合わせて競わせること。
段取り。手はず。
「祐成、弥よき―と思ひ」〈浄・頼朝浜出〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

手番/手結の関連キーワード横歩取りと新山崎流バウチャーシステム手結(てつがい)プッシュホン将棋の戦法テレックス菅谷長昌掛川市米切手荒手番真手番遠島競輪通屈振駒後手番所

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android