手談(読み)シュダン

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐だん【手談】

《言葉を交わすことなくただ手を動かすところから》碁を打つこと。囲碁。
「浮世を離れし―のわざ」〈浄・国性爺

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅだん【手談】

〔手で語る意〕
囲碁の異名。 〔下学集〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅ‐だん【手談】

〘名〙 (向かいあっていて、口でことばをかわすことなく、ただ手で相対するところから) 囲碁の異称
※三代実録‐貞観一六年(874)八月二一日「詔後院新銭十貫、令手談賭物
※浄瑠璃・国性爺合戦(1715)九仙山「うき世をはなれししゅだんのわざ」 〔顔氏家訓‐下・雑芸〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android