コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

才六/采六/賽六(読み)サイロク

デジタル大辞泉の解説

さい‐ろく【才六/采六/×賽六】

若者を卑しめていう語。丁稚(でっち)。小僧。〈俚言集覧〉
人をののしっていう語。特に、江戸の者が上方の者をののしっていう。ぜえろく。
「ヤレヤレ世話のやけた―どもだ」〈滑・早変胸機関〉
[補説]「丁稚」を、双六(すごろく)で二つの采の目が両方とも一と出る「重一(でっち)」にか、その一の反対面の六を連想して呼んだものという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の才六/采六/賽六の言及

【のろま(野呂間)】より

…なかでも歌舞伎の座の道化方による物まね芸が好まれ,浄瑠璃操座ではそれら著名道化方の顔を模した人形まで作られ,滑稽(こつけい)な寸劇を演じた。ふんとく,才六,たろま等々が作られたが,江戸ののろまがいちばん著名である。野呂松勘兵衛が創始したといわれる人形で,頭がひらたく色の青黒い人形であった。…

※「才六/采六/賽六」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android