コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打(ち)越し ウチコシ

デジタル大辞泉の解説

うち‐こし【打(ち)越し】

連歌連句で、付句の前々句のこと。付句をする場合、この句と題材、趣向が似ることを嫌う。
1をしゃれて用いて)次の宿で休まず、その先の宿まで行くこと。
「ふた川まで―だがいいか」〈滑・膝栗毛・四〉
打ち越し酒」の略。
江戸時代の商慣習の一。貨物を江戸の問屋を通さないで、奥羽上方で直接やりとりすること。また、その貨物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

打(ち)越しの関連キーワード商慣習

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android